法政大学 大学・入試案内2017
25/248

教育「自由と進歩」に挑む。公開科目国際社会での平和構築をテーマとした科目では、グローバル化する現代社会の現実と問題解決に向けた営みを学びます。国際化● 【法学部】国際協力論● 【人間環境学部】国際環境法● 【現代福祉学部】国際支援論 ほか映像資料や文献などを通して南北問題の多面的な側面を理解し、その実態から、地球規模で見た人類の不自由、不平等、敵対の原因を考えます。【社会学部】南北問題 国際社会と平和構築関連の科目世界各国・地域の歴史や文化を深く掘り下げる科目は受講者の視野を広げ、国際化についての理解を深めます。● 【社会学部】地域研究(中国)● 【市ケ谷総合科目】グローバル社会の地域研究イスラーム世界の都市構造とその機能、諸学問内容を把握し、それらが西欧世界の科学や思想に及ぼした影響について学びます。【文学部】イスラム世界論 地域研究科目日本史・東洋史・西洋史に関する科目を複数開講しています。興味・関心に応じた地域・年代・分野の歴史を学ぶことができます。歴史と哲学・思想● 【文学部】東洋近現代史、民俗学● 【市ケ谷総合科目】アジア・太平洋国際関係史 ほか日本列島における原始・古代の生産と技術について考え、技術の進化が列島史にどのような影響を与えてきたのかを学びます。【文学部】日本考古学 歴史関連科目さまざまな文化圏の哲学や思想に関する科目を多数開講しています。学問の源である哲学や思想を学ぶことで幅広い思考力を身に付けます。● 【法学部】法哲学● 【文学部】現代思想(フランスの思想)● 【市ケ谷総合科目】仏教思想論 ほか環境問題や日常生活の中であまりに当たり前すぎて疑問に感じないことに目を向けて、批判的に考えます。【人間環境学部】環境哲学基礎論哲学・思想関連科目文学作品を創作、比較、批評するなど授業によって多様な学びが可能です。さまざまな国や時代の文学作品に触れることで、豊かな感性を養います。文学と芸術文学関連科目美術、音楽、身体表現など、芸術に関する多彩な科目を開講しています。作品の鑑賞だけでなく、その特徴や歴史などを理解・評価できるように学びます。● 【文学部】音楽芸能史特殊研究● 【国際文化学部】現代美術論● 【市ケ谷総合科目】美術論 ほかヨーロッパで生まれた身体芸術であるバレエについて解説し、歴史的にどのように発展してきたかを学びます。【市ケ谷総合科目】身体表現論(バレエの世界) 芸術関連科目英語をはじめとして、外国語で行われる授業を多数公開しています。言語を学ぶのではなく、言語を実際に使用して議論するなど、実践的かつ高度な言語運用能力を養います。外国語で学ぶ● 【国際文化学部】英語アプリケーション● 【グローバル教養学部(GIS)】  International Relations of the Asia-Pacic ● 【市ケ谷総合科目】  フランス語コミュニケーション ほかグローバル化する世界の統治を考えます。授業は全て英語で行われます。【法学部】Global Governance その他、主な公開科目現代の企業経営・ビジネス・金融について学びます。企業や団体からの支援により、各界で活躍する方をゲスト講師とする「寄附講座」を受講することもできます。企業とビジネス【経営学部】実践会社実務論 ※寄附講座● 【法学部】経済法● 【経済学部】証券市場論 ※寄附講座● 【経営学部】簿記入門 ほか本学OBの公認会計士を講師に招き、会社経営の仕組みや起業する場合の知識などを公認会計士の観点から解説。会社実務の基礎知識を習得します。現代における政治や社会の現状や問題点を多様な観点から学び、国や地域で必要とされる政策や取り組みを考えます。政治と社会【現代福祉学部】福祉国家論 ● 【法学部】コミュニティ論● 【社会学部】環境自治体論● 【キャリアデザイン学部】地域活性論 ほか格差と貧困が拡大する中、福祉国家の存在意義が問われています。国家が果たすべき役割とその可能性を、日本と欧米の福祉国家を比較しながら検討します。自然環境だけでなく、日本の経済社会システムや文化の持続可能性に焦点を絞ったサステイナブル教育を実践すべく、「持続可能な社会への科目群」(日本語開講)を新たに導入します。公害・健康・環境・省エネルギー・少子高齢化・生態系・安全・国際協力・農業食糧・新エネルギーなどをキーワードとして、15学部の学際性と総合性を生かした多様な科目がそろいます。「持続可能な社会への科目群」※公開科目実施学部は、法学部、文学部、経済学部、社会学部、経営学部、国際文化学部、人間環境学部、現代福祉学部、キャリアデザイン学部、GIS(グローバル教養学部)、デザイン工学部です。※「市ケ谷総合科目」とは、教養科目の内容を発展させ、より柔軟な感性や思考力の育成や、幅広い視野の形成を目指した、市ケ谷キャンパスで開講されている科目です。市ケ谷リベラルアーツセンターについては、P.142をご覧ください。※履修単位数には上限があります。また、2015年度時点の科目を掲載しているため、変更になる場合があります。上記以外にも、キャリア形成、文化、スポーツなど多彩な分野の公開科目があります。● 【文学部】比較文学、中国文芸史● 【市ケ谷総合科目】文芸創作講座 ほか人に伝わる表現、独創的な表現とはどのようなものか、理論的な文章はどのように書き、構成すれば良いかなどを、講義と作文演習を通して学びます。【市ケ谷総合科目】文章論―文章表現の実践 ● 【文学部】気候・気象学および実験● 【国際文化学部】国際文化協力、平和学● 【人間環境学部】環境法、自然環境政策論● 【デザイン工学部】サステイナブルデザイン● 【経済学部】環境経済論● 【社会学部】農業・食料論● 【現代福祉学部】雇用政策論、災害支援論  ほか

元のページ 

page 25

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です