法政大学 大学・入試案内2017
190/248

保護者の皆さまへ1947年に大学と学生の物心両面の支援のため、学生の父母が自主的に発足した組織です。「子どもの母校は我が母校」を合言葉に、大学の教育方針にのっとり、大学と学生、家庭との連絡を密にしながら、さまざまな形で教育事業を支援しています。保護者で構成される会員数は現在、2万7,000人を超え、首都圏と全国36支部で構成されています。法政大学後援会北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、郡山、栃木、茨城、群馬、新潟、長野、山梨、静岡、浜松、富山、石川、福井、東海(愛知、岐阜、三重)、関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山)、島根・鳥取、岡山、広島、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀・長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄地域支部・全国36支部※ 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)を除く地域支部では5~7月に、首都圏では6月に、新入生の父母を対象として実施しています。後援会についての事業紹介や後援会役員および大学関係者との懇親・情報交換などで新入生父母間の交流も深まります。新入生父母の集い保護者間の親睦を図るとともに、学生や保護者の抱える悩みなどを解決していく場として、地域支部が夏期に開催(首都圏では秋期に3キャンパスで開催)。大学役員・副学長や学部長、職員なども参加し、個別相談、懇親会を行っています。(参加は任意です)父母懇談会詳細は毎年5月・10月に前学期までの履修状況を表示した「成績通知書」を保護者の方にお送りしています。「成績通知書」の送付キャリアセンターのウェブサイト内に保護者向けのページを設置しています。保護者の方にご活用いただける有益な情報を発信していますので、ぜひ学生の就職活動サポートにお役立てください。キャリアセンター「保護者向けウェブサイト」在学生とその保護者の方々を対象に発行している法政大学の広報誌です。各キャンパスの情報や後援会からのお知らせなどを掲載しています。各キャンパスで配布するほか、定期的に保証人または学費振込用紙を送付している住所宛にお届けしています(年8回発行)。広報誌「法政」発行法政大学では、自己点検・評価を通して教育研究の質保証と向上に努めています。そのための情報収集の一つとして、毎年、学部4年生の保護者の皆さまを対象に、大学への満足度やご要望をお聞きするアンケート調査を実施しています。アンケート結果は、大学評価室のウェブサイトで公開するとともに、大学教育と運営の資料として活用しています。「保護者アンケート」の実施詳細は詳細は法政大学では在学生の保護者の方にさまざまな情報をお届けし、父母同士および大学との交流を積極的に行っています。学生へのケアを行う「学生センター」や「学生相談室」「学部事務窓口」「キャリアセンター」などは、そのまま保護者の方に向けての相談窓口としても機能します。大学の相談窓口はたくさんあります。※ 入学前のご相談は入学センターが中心に承っております。また、全国各地で「進学相談会」(P.190参照)も開催していますので、ぜひご参加ください。困ったときは

元のページ 

page 190

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です