法政大学 大学・入試案内2017
163/248

■法職講座公務人材育成センターを設置し、支援を強化法政大学は法曹(裁判官・検察官・弁護士)や公務員志望者の支援を強化するため、「公務人材育成センター」を設置しています。それまで学内で開講してきた「法職講座」をより充実させました。法曹になるためには、司法試験に合格しなければなりません。現在、「法科大学院(ロー・スクール)」を修了してから司法試験を受験するルートと、「予備試験」に合格して司法試験の受験資格を得るルートがあります。法職講座では、法科大学院進学を念頭に置きつつ、その受験対策にとどまらない、最終的には司法試験に合格できる学力の修得を目指します。指導にあたるのは、外部専門学校の講師および本学を卒業・修了した弁護士です。法職講座の特徴123学習の進度に応じて自由に履修科目を選択できます。最短2年間で法律基本科目を学べます。分かりやすく、丁寧な授業で法律科目の基礎力だけでなく応用力も身に付けます。高度な専門職を目指す学生のニーズに応えるため、正規のカリキュラムとは別に、難関の資格取得を支援するプログラムを充実させています。各種講座を開講して、難関資格の取得もサポートエクステンション・カレッジでは、本学学生を対象に、資格取得を目指す講座や語学力向上を目指す講座を実施しています。エクステンション・カレッジ■2016年度開講講座一覧● 行政書士合格講座 ● 宅地建物取引士資格合格講座資格(法律系)● 秘書検定準1級・2級合格講座 ● 旅行業務取扱管理者資格合格講座資格(その他)● IELTS対策講座 ● TOEICⓇテストスコアアップ講座語学■提携資格学校での受講割引講座● 司法書士講座 ● 不動産鑑定士講座 ● 弁理士講座 ● 税理士講座 ● 社会保険労務士講座 ● ビジネス実務法務検定3級講座 ● 情報セキュリティスペシャリスト講座 ● 教員採用試験対策講座(2016年度)■会計専門職講座充実したカリキュラムで、現役合格者を毎年輩出公認会計士、税理士などの会計専門職を目指す学生を支援するため、本学では「高度会計人育成センター」を設置し、市ケ谷・多摩の両キャンパスで「会計専門職講座」を開講しています。本講座では、すべての会計専門職に必要不可欠である簿記を徹底的に学び、日商簿記検定3級から1級に合格する力、そして会計士試験合格に必要な基礎力が身に付くまで、専門の講師がきめ細かく段階的に指導します。さらに1級講義受講者には、外部専門学校で公認会計士専用講義を格安で受講できるようにしています。講義欠席時のウェブサイトによる補講システムや講師による個別の学習相談などフォロー体制も万全で、こうした環境から、日商簿記検定試験はもちろん、最難関の公認会計士試験にも毎年現役合格者を輩出しています。★日商簿記検定試験の実施月会計専門職講座のカリキュラム4月5月6月★★★★4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月※受講料は各講義により異なります。日商簿記3・2級の合格を目指します。日商簿記1級や公認会計士・税理士など会計系の上級資格を目指します。1級講義を受講している方で、公認会計士試験を目指す方のための特別コースです(外部専門学校)。3・2級講義1級講義公認会計士専用講義1級講義公認会計士専用講義(~8月)2級講義3級講義難関資格プログラム

元のページ 

page 163

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です