法政大学 大学・入試案内2017
156/248

法政大学キャリアセンターでは、学生一人一人が将来について早い段階から考えることができるよう、1・2年次から受講できるサポートプログラムを用意しています。各種ガイダンスや講座、インターンシップなど多様な内容で、きめ細かなサポートを積極的に展開しています。1年次からスタートする、独自の就職サポートプログラム就職支援公務員・教員志望者向け講座○卒業生公務員による学生相談会* ○公務員内定者座談会*○公務員業務説明会 ○公務員入門講座*○公務員基礎講座*○法職講座*民間企業就職志望者向け講座○新入生対象キャリアガイダンス○2年生対象キャリアガイダンス○低学年対象マナー講座 インターンシップ関連行事○インターンシップガイダンス○インターンシップ勉強会○インターンシップ事前準備講座○インターンシップ○インターンシップ事後報告会提携型のインターンシップでビジネスの現場体験から自分のキャリアを考える提携型インターンシップは、キャリアセンターがインターンシップ受入先企業・団体と提携し、本学学生向けの応募枠を用意しているプログラムです。このプログラムでは、将来の進路を考えるとともに、実際の職場での仕事体験を通して、そこで活躍する社会人の意識や考え方、ビジネスマナーなどを経験・吸収することができます。2015年度実績で約30社と提携。参加希望者はエントリーシートを提出し、その後に選考します。事前の準備講座や事後報告会などフォロー体制も充実。ビジネスの現場を実際に体験し、自分のキャリアを考えるきっかけとなります。※キャリアセンターでは、企業が公募するインターンシップの情報も提供しています。経験豊富なキャリアセンター職員、キャリアアドバイザーが親身になって、一対一の個別相談に乗ります。また、進路が決定した4年生が、学生サポーターとして就職活動について相談に応じる制度もあります。専門スタッフによる就職個別相談仕事をイメージするための講座やビジネスで必要とされる基本的なマナーを身に付ける講座など、3年次から始まる就職活動の準備や自分の将来を考えるためのプログラムを多数用意しています。低学年向け各種プログラム新入生対象キャリアガイダンス学生生活を充実させることは、卒業後の自分へと必ずつながります。学生生活、将来について考えるためのガイダンスです。自分の興味を知ろうVPI職業興味検査を実施して自分の特徴・適職を探ります。参加者同士のワークも交えて、楽しみながら自分の将来について考えることができます。それぞれの目標に合わせたきめ細かなサポート体制を用意公務員や法曹、教職を志望している学生に対しては、別途さまざまなサポート体制を展開。採用試験に備えた各種講座やガイダンスを実施しています。※公務員志望者に対するサポートについては、P.157も併せてご参照ください。学ぶべきときに学ばずに後悔したくないという思いから、講義にはきちんと出席していました。また自分たちで野球のサークルを立ち上げ、代表に就任しました。こうした体験が、就職活動で生きたように思います。学業やサークルに全力投球。その経験が自身の財産に就職活動を始めたのは3年次の6月です。どのように就職活動を始めればよいのかが分からず、まずはインターンシップに参加することで、他の学生と交流しながら徐々に知識を付けていこうと考え、動き始めました。3年次の6月より活動開始。第一歩はインターンシップ3年次1・2年次入学から就職まで働くことや将来について考える2年次自分の興味を知る1年次全力で取り組んだ4年間の大学生活が悔いのない就職活動に結び付きました社会学部 メディア社会学科 4年福島県立白河旭高等学校出身坂上 大祐

元のページ 

page 156

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です