法政大学 大学・入試案内2017
151/248

「調べる場」から「学習する場」へ。多彩な学習支援サービスが充実法政大学図書館では、従来より資料の探し方などの相談に対応していますが、近年はさらに「学習する場」としての機能を充実させています。自主的に学習する学生をサポートするさまざまなサービスを行っています。法政大学図書館の特徴法政大学図書館の学習支援法政大学図書館の蔵書数は、学習用図書・学術図書・政府刊行物など合計で約173万冊。著名文化人の貴重書やコレクションも多数所蔵しています。学生はいずれの図書館も利用可能で、他図書館からの取り寄せもできます。貴重書も多数。全館合計約173万冊所蔵大学間で相互に図書館を利用できるように、青山学院、学習院、國學院、東洋、明治、明治学院、立教の各大学と協定を結んでいます。本学の学生証を持参することにより、特別な手続きなしに利用できます。他大学の図書館とも協定。図書館コンソーシアム自宅など学外から利用できるインターネットサービスも充実。図書館資料の検索・取り寄せ・購入リクエストのほか、約1万タイトルの電子ブック、約2万7千タイトルの電子ジャーナル、約150種類のオンラインデータベースも利用できます。学外からいつでも利用できるインターネットサービスも充実ゼミでの学習・研究を支援するために、各学部・各主題別に担当分野を割り当てられた図書館スタッフがガイダンスを行います。図書館を有効に活用する方法から選書・レファレンスなどの個別相談にも応じています。ゼミでの学びを支援するガイダンス・ゼミサポート制グループでの能動的な学習をサポートする施設です。各キャンパスの特色に応じ、プロジェクター、ホワイトボードなどを用意しています。図書館資料やパソコンを使いながら、ゼミでの発表準備やグループワークを行うことができます。グループでの学習を支援するラーニングコモンズ図書館で導入しているオンラインデータベースの提供会社から専門講師を招き、定期的に各種講習会を実施しています。「学習」と「就職」のそれぞれのテーマで、データベースの効果的な利用方法、情報の読み解き方をレクチャーします。学習や就職活動にも有益な講習会を開催ライブラリーサポーターとは、学生の視点でより魅力的な図書館を作るために活動する「図書館学生ボランティア」です。図書館スタッフと話し合って図書館の改善を図ったり、図書館での業務体験を行うなど、学生が主体となりさまざまな活動を行っています。学生主体の企画も充実。ライブラリーサポーター制度選書ツアー大型書店へ行き、図書館で購入する本を学生の視点で選ぶツアーです。サポーターが選んだ本は図書館に学生選書コーナーとして展示。POPの作成など装飾も行います。懇談会魅力的な図書館にするために、学生サポーターと図書館スタッフが意見交換を行う懇談会も定期的に開催。学生の要望や提案は、図書館のサービス向上に反映されます。

元のページ 

page 151

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です