法政大学 大学・入試案内2017
131/248

専任教員 ①専攻 ②ゼミナールまたは研究テーマ礒島 伸 准教授浦谷 規 教授江﨑 和博 准教授桂 利行 教授木村 光宏 教授五島 洋行 教授髙澤 兼二郎 准教授田村 信幸 准教授千葉 英史 専任講師中村 洋一 教授宮越 龍義 教授安田 和弘 准教授主な専門科目限られた資源の有効活用に最適な手段を科学的に見つける問題解決学。その方法論と応用法について学び、現存する問題の解決能力を養います。オペレーションズリサーチⅠ・Ⅱ有限体という代数系を学習し、その応用としてデジタルの概念に欠かせない符号理論の原理を理解します。応用代数学経済理論の実証、経済予測に不可欠なのが計量経済学。経済理論の定式化、モデルの特定化、妥当性の検証など基本的な理論と方法論を学びます。計量経済学理論解析が困難な現実システムをモデル化し、計算機実験を通して解析する過程がシミュレーション。プログラミングとデータ解析の技能向上を目指します。シミュレーション統計的推測の形式として推定、検定の考え方を理解し、正規母集団、二次元正規分布、単回帰モデルのそれぞれに関する推測の方法を学習します。数理統計学総合的品質管理のための標本データの記述と抽出や統計的検定・推定について学びます。また、データの相関解析や生産技術で必要不可欠な確率統計と工程管理についても理解を深めます。確率統計理工学部 FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERINGカリキュラム1年次2年次3年次4年次教養科目専門科目演習(ゼミ)4年間の流れ経営システム工学科専門科目応用数学 応用解析複素関数論(経営)数値解析(経営)離散数学◎経営工学計算演習基礎◎数理統計学  ◎オペレーションズリサーチⅠ・Ⅱ◎経営工学計算演習応用応用確率論 企業法 応用幾何学 応用代数学  生産と環境  ネットワーク理論 アクチュアリー数理 社会資本分析 産業経済論 在庫システム論 意思決定論 情報システム工学 企業財務論 経済性工学 プロジェクトマネジメント シミュレーション リスク管理論金融論 工業会計学 応用プログラミング数理ファイナンス基礎 社会調査論◎PBLインターンシップ◎経営工学基礎演習 経営システム特別講義複雑系解析 組合せ最適化ポートフォリオ理論 公共経済学 計量経済学 社会システム設計論生産システム工学 応用生産システム多変量解析 生産情報工学情報システム設計論 保険数理論 国際経営分析 管理会計論 信頼性理論 数理解析 品質管理 流通システム論符号暗号理論 非線形計画法 TQM スケジューリング論金融工学 公経営論◎確率統計◎プログラミング言語C◎プログラミング言語C演習(経営)◎計算機実習基礎◎基礎数学 ◎計算機実習応用経済学入門企業システム入門 経営史 社会工学 生産管理 数理技法入門 社会システム入門プロジェクトマネジメント入門財務会計論 経済学確率統計演習※詳しくはP.141~をご覧ください各授業についての詳細はこちらhttps://syllabus.hosei.ac.jp◎=必修科目 無印=選択科目 ※カリキュラム表および科目名は、変更になる場合があります。 ◎経営工学ゼミナール1・2◎卒業研究①非線形可積分系②すべての変数が整数値をとる超離散方程式の基礎研究およびその現象解析への応用を研究①金融工学②経済におけるリスクを確率論とコンピュータを用いて研究し、特に金融新商品を新しいアイデアによって作り出す研究①生産システム②ソフトウエア、サービス、プロジェクトなどの科学的管理に向けたマネジメント・モデル、および要求工学、品質要求定義・評価、標準化技術などの研究①数学(代数幾何学)②正標数における代数多様体の研究。この理論は、セキュリティを守るための暗号理論やデジタル機器に起こる誤りを訂正するための符号理論への応用を有している①システムの信頼性・品質評価法②工業製品・大規模ソフトウエアが持つべき「当たり前品質」としての信頼性を定量的に評価し、維持・向上させるためのいろいろな数理モデルを研究・開発①オペレーションズリサーチ・計算幾何学②時間・空間データの中から特徴的な点や領域を効率的かつ精度よく検出する方法の研究①数理工学・離散最適化②マッチングやマトロイド、TSPに関連する組み合わせ最適化問題に対する効率的アルゴリズムの設計や離散凸解析の理論を用いた分析に関する研究①確率システム解析②システムを効率的かつ効果的に運用する際に有用な数理的手法について、特に確率論と確率過程論の応用を中心に研究①オペレーションズリサーチ②Just-in-Time Schedulingの基礎研究①経済統計と実証分析②国民経済計算などの経済統計、およびそれに基づく経済の計量的実証分析などの研究①金融論②金融制度と経済成長の関係に注目しつつ世界金融危機の問題を理論的・実証的に研究①数理ファイナンス②確率解析を用いて金融商品の価格付け、リスク管理、ポートフォリオ最適化やそれらに付随する数値解析について研究

元のページ 

page 131

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です