法政大学 大学・入試案内2017
129/248

専任教員 ①研究室または専攻 ②ゼミナールまたは研究テーマ赤松 茂 教授彌冨 仁 准教授尾川 浩一 教授金井 敦 教授品川 満 教授平原 誠 准教授藤井 章博 教授宮本 健司 准教授八名 和夫 教授李 磊 教授和田 幸一 教授主な専門科目人間の意図を理解するコンピュータ技術によって人にやさしいIT社会の実現へ。画像認識・生成技術のシステム構築とその応用例から技術課題を学びます。ヒューマンインタフェースコンピュータウイルスやフィッシング詐欺などネットワークを通じた情報流出の仕組みや事例、その対策を理解し、ICT技術に基づく高度なセキュリティ技術について学びます。セキュリティ概論いつでも、どこでも、誰でもさまざまな情報通信サービスが利用できる環境を実現するユビキタスコンピューティング。その概念を理解し、要素技術の基礎知識を修得します。ユビキタス計算カリキュラム理工学部 FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING1年次2年次3年次4年次教養科目専門科目演習(ゼミ)4年間の流れ応用情報工学科専門科目応用数学 応用解析数論物理学応用(情報)◎プログラミング言語JAVA◎計算機アーキテクチャ◎計算機アーキテクチャ演習◎情報工学実験Ⅰ ◎情報理論○アセンブリ言語 ○アセンブリ言語演習○電磁気学基礎 ○組み合わせアルゴリズム○センシング工学 ○形式言語とオートマトン○分散システム ○ヒューマンインタフェース○ユビキタス計算 ○画像診断装置概論○人間工学 ○信号理論○セキュリティ概論 ○中級プログラミング○生体信号計測処理     オペレーティングシステム 人工知能概論 符号と暗号の理論 計算量の理論ネットワークプログラミング VLSI入門 セキュアコーディング組込制御工学 論理回路データベース Web技術論  認知心理学 Web/XML演習 組込ソフトウェア開発 感性工学◎PBLインターンシップ◎情報工学実験Ⅱ・Ⅲ◎情報工学ゼミナール分散システム性能評価法 信号処理 コンパイラ分散アルゴリズムハードウェアアルゴリズム組込モデリング複雑系 パターン認識クラウドコンピューティング ソフトコンピューティング エージェント技術   ネットワークアプリケーション設計論オペレーティングシステム演習情報ネットワーク設計論 コンパイラ演習リアルタイムOSとプロセッサセマンティックWeb 画像工学 Webデザイン 自然言語処理 最適化数学 認証技術 プログラミング言語理論・設計 検索技術マルチモーダル情報処理 組込アプリケーションビッグデータ情報分析○自然科学の方法(情報)○離散数学(情報) ◎確率統計◎プログラミング言語C(情報)◎プログラミング言語C演習(情報)◎プログラミング言語C++◎情報工学入門◎情報ネットワーク概論◎データ構造とアルゴリズム◎集合と命題論理○インターネットプロトコル○基礎電気回路(情報)組込システムの基礎※詳しくはP.141~をご覧ください各授業についての詳細はこちらhttps://syllabus.hosei.ac.jp◎=必修科目 ○=選択必修科目 無印=選択科目 ※カリキュラム表および科目名は、変更になる場合があります。 ◎卒業研究◎卒業研究ゼミナールセキュアシステム設計 セキュア計算    コンピュータグラフィックス ユビキタスネットワークコンピュータビジョン分子イメージング①ヒューマンインタフェース研究室②生体認証セキュリティ、人にやさしいバリアフリー・インタフェース、人間と協調するロボット、感性に訴える映像メディアなどへの画像認識生成技術の応用①知的情報処理研究室②物理学、統計学、情報理論、医学的知見などを基に、画像処理を核とする実用的な研究(紙のデジタル化一超高精度OCR技術の開発・がん、自律神経疾患、うつ病などの早期発見、病勢定量システムの開発・次世代人工神経回路網の開発と知的応用など)①画像工学研究室②医学および工業への応用を目的とした画像工学の研究を行う。エックス線やガンマ線を用いて物体の内部を映像化するCT技術のほか、視覚的画像処理、画像に情報を埋め込む技術などを研究①情報ネットワーク・セキュリティ研究室②ネットワーク上のプライバシー制御やネットを介したウイルスによる攻撃やスパムメール、フィッシングに対する防御、暗号システムの開発、セキュアなプログラミング手法の開発①光・電気融合情報工学研究室②人にも地球環境にもやさしいユビキタスネットワークの実現に向けて、光と電気、ソフトウエアとハードウエア、さまざまな技術を駆使し、近距離無線通信と人の体を伝送路とする人体通信とを融合した情報通信技術を研究①脳情報処理研究室②視覚情報処理、脳機能研究などを通じ生体の神経情報処理に範を得た新しい並列分散情報処理システム、ニューラルネットの研究①ネットワーク応用研究室②情報ネットワークにおける通信方式(マルチキャスト通信プロトコル、LAN通信周波数の共有方式など)とインターネット応用技術(ウェブ情報サービス、ユビキタスコンピューティングなど)に関する研究①インタラクティブシステム研究室②投影映像による仮想世界インタフェース、コンピュータビジョンを用いた対話的アニメーション、プログラムのデータベース、幾何学自動証明、アニメーション言語、コンピュータゲーム など①情報信号処理工学研究室②デジタル信号処理に関する研究、特に生体信号の医療診断応用、ヒューマンインタフェース評価、ネットワーク通信量のモデル、e-ラーニングの多言語対応、臨場感向上に関する研究①コンピューティング研究室②人工知能アルゴリズムの設計と解析、計算の複雑さと複雑系、同期式と非同期式並列処理、制御システムの安定性、数値解析、組み合わせ論と計数方法 など①計算機科学研究室②並列分散システムを安全に効率よく構築するための方法論に関して、超並列計算機のアーキテクチャ、自己安定で自律適応性を持つ分散システム、自律分散ロボット群に対する耐故障性アルゴリズムなどを研究

元のページ 

page 129

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です