法政大学 大学・入試案内2017
127/248

専任教員 ①専攻 ②ゼミナールまたは研究テーマ伊藤 一之 教授岡本 吉史 准教授川口 悠子 専任講師栗山 一男 教授斎藤 利通 教授齋藤 兆古 教授柴山 純 教授中村 壮亮 専任講師間下 克哉 教授三牧 宏彬 専任講師安田 彰 教授山内 潤治 教授山本 康博 教授主な専門科目目には見えない電磁波の性質を理解し、導体上に分布する電流を定式化し、モーメント法による電流の決定法について理解します。演習を取り入れながら積分方程式の解法および数値積分法を学びます。電磁波工学電気エネルギーを安定的に供給するシステムには発電所から送電線、変電所、さらには需要家までが含まれます。現行の電力システムとその技術を理解し、今注目が高まっている風力・太陽光など再生エネルギーの導入について学びます。電気エネルギーシステム工学量子ホール効果、量子井戸レーザなどの微細電子デバイスへ応用される半導体超格子の構造・動作原理を学びます。また、単電子デバイスおよび微小光学・近接場光学などのナノ・フォト二クスについても取り上げます。マイクロ・ナノエレクトロニクスカリキュラム1年次2年次3年次4年次教養科目専門科目演習(ゼミ)4年間の流れ電気電子工学科専門科目応用数学 応用解析複素関数論(電気) 数値解析(電気)確率統計物理学応用◎電磁気学演習◎電気回路 ◎電気回路演習◎基礎アナログ電子回路◎電気電子工学基礎実験◎応用アナログ電子回路◎分布定数回路論○基礎電気電子材料工学 ○応用電磁気学 ○電子物性論入門○電磁波工学 ○制御工学電気化学 ロボットプログラミング順序論理回路 電気電子計測基礎半導体工学 基礎電気機器組み合せ論理回路 線形回路とシステム 基礎量子力学ロボットCAD 量子力学◎PBLインターンシップ◎電気電子工学実験Ⅰ・Ⅱ◎電気電子ゼミナールセンサ工学 センサエレクトロニクス光伝送工学 現代制御電子物性論 電気機器電気エネルギー工学 電磁波デバイス工学通信ネットワーク 非線形回路 集積回路工学 ディジタル回路デザインデバイスプロセス工学応用電気電子機器電気エネルギーの発生と変電 電気電子材料工学 電磁波情報工学 通信工学 アナログ回路デザイン 半導体工学 電子デバイス 電子デバイス演習パワーエレクトロニクス数値シミュレーション光デバイス工学 通信セキュリティディジタル信号処理光エレクトロニクス ディジタル制御応用磁気工学電気エネルギーシステム工学マイクロ・ナノプロセス工学知的制御ロボット知能デザインとテクノロジー(電気)自然科学の方法(電気)離散数学(電気)プログラミング言語Cプログラミング言語C演習プログラミング言語Fortran(電気)◎基礎電磁気学◎基礎電磁気学演習◎基礎電気回路◎基礎電気回路演習◎電磁気学電気電子工学入門※詳しくはP.141~をご覧ください各授業についての詳細はこちらhttps://syllabus.hosei.ac.jp◎=必修科目 ○=選択必修科目 無印=選択科目 ※カリキュラム表および科目名は、変更になる場合があります。 ◎電気電子工学実験Ⅲ ◎アドバンストPBL卒業研究ゼミナール ◎卒業研究組込システムデザイン 電波法規原子力工学 電気機器設計マイクロ・ナノエレクトロニクスモバイル通信高電圧工学電気法規及び施設管理認知ロボティクス 理工学部 FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING①ロボット工学、人工知能②ロボットの知能化、学習アルゴリズムの開発、進化的計算アルゴリズム、レスキューロボットの開発①情報電磁エネルギー工学、計算工学②高速大規模電磁界数値解析技術、トポロジー最適化、並列アルゴリズム、電力エネルギー最適化①戦後米国史・日本史②第二次世界大戦(特に広島の原爆被害)をめぐる歴史認識についての研究①電子物性工学、マイクロ・ナノエレクトロニクス②原子力顕微鏡・イオンビームで表面原子を観る、レーザー光で半導体を観る。半導体中に微視的構造を作る、超微細全固定型リチウム2次電池を半導体素子に埋め込む、などの研究①非線形回路とシステム②カオスと分岐、ディジタルニューラルネット、進化的最適化アルゴリズム、自己組織化信号処理、並列化DC-DCコンバータ、A/D/A変換技術①電気エネルギー変換システム工学②エネルギー変換工学、計算電磁気学、エネルギー変換系の保全システム開発、機械監視システム①機能素子工学②テラヘルツデバイス、センサデバイス、時間領域差分法によるシミュレーション技術①ロボット工学、電力工学②無線送電、知能ロボット、空間知能化(ロボティックルーム)、感覚・生理・心理など内部状態の計測と制御①微分幾何学②部分多様体とその関連分野の研究①情報伝送素子工学②放送波帯デバイス、伝送素子の開発①アナログ・ディジタル電子回路②通信、情報処理機能やインタフェース機能などを半導体上に集積化するための回路デザイン技術や半導体技術についての研究①電波光波伝送工学②光通信伝送路、光集積回路素子の解析、設計、ナノアンテナの開発①電子材料工学、イオンビーム工学②次世代の高速電子デバイス用半導体、および誘電体材料の開発、イオンビームによる固体表面改質

元のページ 

page 127

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です