法政大学 大学・入試案内2017
119/248

カリキュラム主な専門科目工業デザインやエンジニアリング設計に不可欠な3Dモデリング。3DCADを用いた実習で基本技術を修得します。3Dモデリングロボットの社会的意義および人間との関係を考え、開発企画の演習を通してロボットの可能性を見いだしていきます。ロボットデザイン実際の「もの」に対して、力やモーメントがどのように影響しているかを理解し、「かたち」の変形や強さの関係を力学的に解析していきます。材料と構造のデザインデザイン工学部 FACULTY OF ENGINEERING AND DESIGN学科科目特別科目学科基礎科目必修科目選択科目必修科目選択必修科目選択科目テクノロジー基礎論マネジメント基礎論クリエーション基礎論プレゼンテーション技術メカトロニクス演習マーケティング演習造形デザイン実習制作ヒューマンセンタードデザイン演習ゼミナール1・2プロジェクト実習・制作1・2インターンシップ(SD)未来予測デザイン演習 応用色彩工学 プロダクトデザイン理論 デザインシンキング デザインケーススタディ プロジェクトマネジメント(SD) システム工学 ビジネスモデルデザイン サプライチェーンデザイン 情報システムデザイン Webデザイン演習 3DCGプログラミング メカニズムデザイン演習 映像情報処理 プロトタイピング演習 デジタルエンジニアリング演習 組込制御プログラミング演習 素材と機能 スマートマシン設計卒業研究・卒業制作1・2応用プロジェクト1・2 導入ゼミナール(SD)システムデザイン入門デザインスタジオ1・2(SD)基礎デザイン制作デザイン理論(SD) 色彩論 図形科学基礎演習 データ処理基礎演習 プログラミング基礎演習 デジタルデザイン演習各授業についての詳細はこちらhttps://syllabus.hosei.ac.jp※カリキュラム表および科目名は、変更になる場合があります。特別講義3Dモデリング(クリエーション系)プログラミング(クリエーション系)インタフェースデザイン3Dモデリング(テクノロジー系)プログラミング(テクノロジー系)ロボットデザインメカトロニクス機械の機構と設計材料と構造のデザイン熱と流れのデザインコストマネジメント 生産システムデザインオペレーションズリサーチ1年次2年次3年次4年次教養科目専門科目演習(ゼミ)デザインスタジオ4年間の流れ※詳しくはP.141~をご覧ください専任教員 ①専攻 ②ゼミナールまたは研究テーマ安積 伸 教授岩月 正見 教授小林 尚登 教授佐藤 康三 教授竹内 則雄 教授田中 豊 教授土屋 雅人 教授西岡 靖之 教授野々部 宏司 教授福田 好朗 教授①クリエーション系②ヒューマニティデザイン研究室:人間の生活・文化に関する考察・分析を起点とし、多様な視点から社会に新たな可能性・価値を問うデザインの研究を行う①テクノロジー系②スマートマシンデザイン研究室:機械に外部環境を認識させることにより、実世界と融合した高次の情報を提供するインタフェースや従来実現できなかった機能を持つデバイスを開発する①テクノロジー系②ユニバーサルメカトロデザイン研究室:全ての人が、どこでも使うことのできる高度な知能を持ったメカトロシステムをデザインするための理論と方法を研究する①クリエーション系②機能・造形デザイン研究室:「人間とは何か」に始まり、新しい「美」、新しい「技術と素材の活用」、新しい社会の「質」を生み出す人間の創造力の源泉、デザインにおける人間と「もの」との関係について研究する①テクノロジー系②シミュレーション環境デザイン研究室:人や環境にやさしく、安全な「もの」や「社会基盤システム」をデザインするためのシミュレーション技法の研究開発をする①テクノロジー系②高機能メカトロデザイン研究室:環境と調和した高機能なメカトロシステムをデザインするために、人とものとコンピュータの間のメカニズムやアクチュエータ、センサ、インタフェースに関する研究を行う①クリエーション系②インタフェースデザイン研究室:操作の身体的・認知的負荷の軽減はもとより、使う楽しさや操作の魅力などの高度な感性価値実現に向けたインタフェースデザインを研究する①マネジメント系②情報マネジメントデザイン研究室:製品やサービスを提供するための企業の仕組みを総合的なデザインの視点から捉え、情報システムやソフトウェアの新しいあり方に関する研究開発に取り組む①マネジメント系②最適化システムデザイン研究室:「製品やサービスをつくり、顧客に届ける」。この一連の活動に求められる品質、費用、環境負荷、顧客満足度などさまざまな指標の最適化を実現する手法について研究する①マネジメント系②生産システムデザイン研究室:ものをつくるにはさまざまな仕組みが必要である。シミュレーションを用いて、ものの流れや作業の流れを分析して、効率的で、人に優しいシステムを設計する

元のページ 

page 119

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です