法政大学 大学・入試案内2017
115/248

主な専門科目実際のフィールドを通して、まちや建築の見方・調べ方を学び、都市や建築の歴史的価値を考えていきます。実測の方法や図面化・模型化する技術も修得します。 フィールドワーク(建築)さまざまな構造システムの発想と歴史的変遷、力学的メカニズム、造形上の問題、具体例などを学び、建築空間における構造デザインの意味についての理解を深めます。空間の構造デザイン西洋世界を中心とする建築や都市の歴史を学ぶことで、日本の現在の建築の歴史的背景を理解します。西洋建築史専任教員 ①専攻 ②ゼミナールまたは研究テーマカリキュラム1年次2年次3年次4年次教養科目専門科目演習(ゼミ)デザインスタジオ4年間の流れ学科科目特別科目学科基礎科目必修科目選択科目必修科目選択科目デザインスタジオ3・4骨組の力学 材料の力学部材の力学 建築気候建築のしくみ 構法スタジオ卒業研究1・2(建築) 卒業設計1・2建築計画1・2 Design Basics in English西洋建築史 平面の力学建築材料 建築生理心理1・2空気調和設備 給排水・電気設備建築の空間と形態インターンシップ(建築)建築フォーラム 建築論・建築造形論都市計画 デザインスタジオ5・6日本建築史 フィールドワーク(建築)近現代建築史 都市史構造とマトリクス構造計算プログラミング建物の振動と耐震化建物の耐力 空間の構造デザイン 鉄筋コンクリートのデザイン鋼のデザイン 構造デザインの実践建築の地盤力学 構造実験 音・振動環境 光・視環境 環境生態学 設備デザイン基礎建築設備総合デザインデジタルスタジオ 材料特性実験施工管理 木造建築の構法建築生産 建築の測量実習 建築法規(建築) 材料のデザインデザインスタジオ7特別講義導入ゼミナール(建築)造形スタジオデザインスタジオ1・2(建築)建築入門デザイン理論(建築)図形の技術※詳しくはP.141~をご覧ください各授業についての詳細はこちらhttps://syllabus.hosei.ac.jp※カリキュラム表および科目名は、変更になる場合があります。デザイン工学部 FACULTY OF ENGINEERING AND DESIGN赤松 佳珠子 教授網野 禎昭 教授安藤 直見 教授岩佐 明彦 教授川久保 俊 専任講師北山 恒 教授下吹越 武人 教授陣内 秀信 教授高村 雅彦 教授出口 清孝 教授浜田 英明 専任講師吉田 長行 教授渡邉 眞理 教授①建築設計・建築計画②建築設計・空間デザイン研究室:建築の内外を取り巻く環境や空間(建築・都市空間)をアクティビティ(人々の活動)・時間・光・風・音・・・など、さまざまなフルイド(流動的要素)を通して捉え、新しい時代に向けての建築空間のあり方を探究する①構法各論・木造デザイン②建築構法研究室:建築をどのように組み立ててゆくのか。各種材料の特性を分析するとともに構成材の研究と建築デザインの可能性を探る①建築計画・都市計画②建築空間研究室:人々が共有する空間概念は、建築や都市の形態を生成する要因の一つであると考えられる。そうした空間と形態の関係を研究する①建築計画②建築計画研究室:建築・都市空間の使われ方やそこでの人の振る舞いに着目し、場所の持つ機能や魅力を高める手法を研究・実践する①建築環境・都市環境②建築・都市環境研究室:サステイナブルな建築・都市の実現を目指して、環境工学、地理情報学、公衆衛生学、経済学などのさまざまな研究領域にまたがる分野横断的な研究を行う①建築設計・都市デザイン②建築都市デザイン研究室:都市のリサイクル、脆弱市街地研究①建築設計・都市環境デザイン②建築・都市空間研究室:建築や都市に内在する人間的・文化的現象を解析し、未来を指向する持続性を備えた建築デザインの手法を探求する①都市史・建築史②建築史・都市史研究室:南イタリア、アラブ・イスラム圏、そして日本の東京を対象に、都市における生活空間のあり方を歴史的視点から比較研究する①建築歴史・意匠②歴史・意匠研究室:日本の各地をはじめ、中国、タイ、ベトナムなど、アジアのさまざまな地域の都市や建築の文化と歴史に関する研究①建築環境②建築環境設備研究室:建物内にいる人間の快適性を向上させ、かつ省エネルギーを実現させるための空調設備や空気・温熱環境に関する研究①建築構造②建築構造研究室:先人の知恵と最新技術を通した、理論と応用の複眼的思考により、意匠性や合理性、安全性のバランスされた包括的な構造デザイン手法の探究を行う①建築構造②建築構造研究室:建築構造設計において未解決な問題または未開拓の分野に対して数値解析の立場から理論的に取り組んでいる。テーマは建物と地盤の振動、大空間構造の動力学①建築設計およびアーバンデザイン②建築・都市設計研究室:現在は新しい家族形態に適合する集合住宅のプロトタイプ、および21世紀のミュージアムの条件などについて研究

元のページ 

page 115

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です