法政大学 大学・入試案内2017
108/248

コンピュータ科学科入学定員:78人DEPARTMENT OF COMPUTER SCIENCEコンピュータ科学科 3年北海道私立立命館慶祥高等学校出身中村 萌美学生主体のゼミなので、自分で考え、判断し、行動する力が身に付きます。自由な発想と尽きない好奇心でコンピュータの可能性に迫る『物語』をキーワードに自由な発想をシステムとして形にする赤石研究室の研究テーマは自由度が高い。『物語』をキーワードに、学生は各自興味があることの関連性や問題点をストーリー(物語)に見立て、システムの研究につなげる。「舞台作品のストーリーの自動生成」や「大量データの活用とユーザーへの新知識の提案」とその領域は幅広いが全て“文脈を解析し便利なものをつくる”ことが基本だ。この日は4年生による先行研究の調査結果についての発表が行われた。仲間の発表に真剣に耳を傾け、相づちを打つ学生たち。3年生も、自身の研究に役立てるため一語一句も逃すまいとメモを取る。質疑応答が長く繰り広げられるのも赤石ゼミのいつもの光景らしい。学生たちは疑問に感じたことをすかさず発表者に投げ掛け、その応酬はいつまでも終わらないかに思えた。赤石教授はそんな様子を見守りながら、迷いや行き詰まりを察知すると「最終的にはシステムとしてどう動いてほしい?そこから逆算して考えてみては」などと優しくヒントを投げ掛ける。「論文を書く上での言葉の使い方一つにしても、丁寧に指導をいただけます」と学生の一人は語る。このゼミで行われている自由度の高い研究の成果は、論議と的確な指導によって実を結ぶのだろう。赤石 美奈 教授ゼミテーマ物語構造に基づく情報編纂基盤技術実ゼ況ミ!ナールコンピュータの仕組みからプログラミング言語まで高度情報化社会を支える新しい技術の本質を学ぶ コンピュータ科学科は、「コンピュータを進化させ、どのようなことができるのか」を追究します。コンピュータによる計算を高速化する技術や、膨大なデータから隠れた情報を見つけ出す技術、情報を安全かつ効率良く伝える技術、知的な処理で人の生活を支援する技術に関する研究を進めます。これらの研究の実現に向けて、プログラミング言語、並列分散処理、人工知能、セキュリティなどの分野の学びを通して、ハードウェアからソフトウェアまで幅広い基礎知識と高度な情報技術を身に付けた人材を育成します。 CIS RATは、本学部の情報教育環境(情報ラボ教室や貸与ノートPCなど)の運用や利用サポートを行う、有志の学生による情報環境支援チームです。主たる活動は、学生や教員の教育・研究活動を支援するWeb・メールなどのサーバシステムの運用や、コンピュータの利用についての学生サポートですが、それ以外にも機器更新の際のシステム構築も行います。毎年、新しいメンバーを加えながら、学生自身の手で学部の情報環境を魅力的にするべく、技術の修得や新しいサービスの展開を積極的に進めています。必要な技術は入学後に勉強会などを通じて自ら身に付けたもので、また、定例会での情報共有や後輩の指導など技術だけでなくコミュニケーションなど、さまざまな側面からの成長を目指しています。CIS RATによる実践的情報技術教育※CIS RATは 所属学科に関係なく参加できます。

元のページ 

page 108

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です