法政大学 大学・入試案内2017
107/248

http://cis.k.hosei.ac.jp/学部についての詳細はこちら運輸・不動産・公益 0.7%マスコミ 2.8%アイデアを情報技術で表現することにより新たな価値を創造日常生活の中で情報技術の恩恵を受けずに一日を過ごすことはないといっても過言ではないでしょう。ディジタル映像・音楽はエンターテインメントの世界では当たり前になり、それらのコンテンツはインターネットを通じて配信され、スマートフォンでどこにいてもアクセスすることができます。今後の社会の持続可能性というより大きなテーマに目を向けると、これらの既存のサービスの改良にとどまらず、「音声・文字認識によるヒューマンサポート」「画像処理による医療診断」「暗号やネットワークセキュリティといった社会の安全や安心」といった、より社会的な課題も解決していく必要があります。情報科学部では充実した教育設備環境のもと、実践的な高度情報処理技術者の養成を通じて、これらのサービスを実現するための概念(考え方)を生み出すことのできる人材を育成します。富士通㈱、NECフィールディング㈱、ローム㈱、オリンパス㈱、㈱日立製作所、アクセンチュア㈱、ヤフー㈱、㈱サイバーエージェント、㈱千葉銀行、日本電気㈱(NEC)、野村證券㈱、日本放送協会(NHK)、日本ヒューレット・パッカード㈱、沖電気工業㈱、ソフトバンク㈱、キヤノン㈱、TIS㈱、㈱富士通エフサス、㈱エヌ・ティ・ティ・データ、富士ソフト㈱、㈱日立システムズ、みずほ証券㈱、伊藤忠テクノソリューションズ㈱、ドコモ・システムズ㈱、㈱ジェイアール東日本情報システム、理想科学工業㈱、㈱ナビタイムジャパン、ソネットエンタテインメント㈱、㈱インターネットイニシアティブ、㈱NTTデータアイ、総務省、電気通信大学大学院、法政大学大学院 ほか卒業後の進路 (2016年3月卒業生) 情報・通信 47.2%サービス 10.6%公務 1.4%その他業種 0.7%大学院等進学 17.6%建設 0.7%製造 13.4%卸・小売 1.4%金融・保険 3.5%「J07」は情報処理学会が定めた情報専門教育のための体系的なカリキュラム標準です。本学部はこれに準拠する教育プログラムで、高度な技術者の育成を目指しています。また、セメスタ制度(春セメスタ、秋セメスタ)を採用し、多彩な科目を集中的に学ぶことができます。最新の情報技術者教育カリキュラムに準拠最新・最先端の知識を学べる「リクエスト集中講義」では、取り上げるトピックに学生の希望や提案を反映させ、やる気や好奇心に応えています。(例:iOSプログラミング入門、Webプログラミング言語など)最新情報技術を知る「リクエスト集中講義」多くの大学で4年次に実施されるゼミを、「情報科学プロジェクト」の形で1年次から設置。早い段階から最先端の研究に触れることで、問題発見・解決能力の向上につながります。興味のある専門分野を深く学んだり、興味の幅を広げたりすることもできます。1年次から研究に取り組める「情報科学プロジェクト」学部の特色INFO○高等学校教諭一種 情報取得できる資格○基本情報技術者○応用情報技術者目指せる資格※P.160~の資格紹介と併せてご覧ください。情報科学部長津 登志夫

元のページ 

page 107

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です