武蔵大学 大学案内2017
97/162

MUSASHI MAGAZINE 2017 95キャリアサポートキャリアカウンセラーの有資格者や研修修了者など、経験豊かな相談員によるきめ細かな支援体制。学生の自主性と自己成長を促す個別面談Development「自己分析」から「業界・企業研究」「エントリーシート対策」まで、20名程度のゼミ形式による実践的なプログラム。学生のキャリア意識を高める少人数制プログラムDiscussion卒業生を招いて行われる「武蔵しごと塾」や内定者による相談など、先輩たちによる支援。社会で活躍する卒業生をはじめとした独自のネットワークDomestic Networkキャリア支援においても、少人数でのワークショップやグループディスカッションを多く取り入れ、学生同士が刺激し合って自主的に進路決定できるゼミ教育のメリットを生かしたプログラムを展開。職員による個別面談のほか、卒業生や内定を得た4年生からのアドバイスなど、独自のネットワークでサポートを行っています。武蔵独自の多面的なキャリア支援Musashi Career 3D Support経験豊富な相談員が個別にアドバイス経験豊富な相談員が10名以上常駐し、学生一人ひとりの疑問や相談に応じています。また、応募書類の書き方指導や添削、面接練習などをくり返し行い、納得できる進路が見つかるようきめ細かにサポートします。毎年、学生から好評を得ている「武蔵しごと塾」。社会で活躍する卒業生から、さまざまな業種の仕事内容やこれまでの経験、就職活動をする上でのポイントなどを聞くことができます。卒業生を交えた少人数でのグループディスカッションや、本番さながらの模擬面接を通して、学生一人ひとりの就業観を高め、将来について具体的に考えていきます。武蔵しごと塾03個別面談01「就活サポーター」として先輩が就職活動をバックアップキャリア支援センターでは、内定を獲得した4年生が相談に応じます。先輩たちの実体験にもとづく言葉は何よりの支えになります。小さな疑問にも親身に答えてくれるサポーターの存在は心強いと好評です。内定者による相談02社会で活躍する卒業生による、実践的な就職支援プログラム卒業生も含めたゼミ形式でのディスカッションや、模擬面接などの就職活動体験を通して、自分に足りないものを知り、克服するための方法を考えます。卒業生との交流は、自己の将来像を具体的に考える助けになります。課題発見とネクストアクションPhase 1卒業生による本番さながらの面接指導や、エントリーシートの書き方指導を実施します。徹底した個人指導により学生それぞれの問題点を見出し、その場で改善につなげることで、就職活動における自己表現力を伸ばします。内定力強化講座(面接体験講座)Phase 2プログラム内容 (2015年度実施)【卒業生による模擬面接 ほか】実践的な面接練習を通して採用担当者の視点を理解する。【交流会】卒業生から就職活動のアドバイスや幅広い業界の話を聞き、働くイメージをつかむ。参加卒業生の企業業種金融、通信サービス、運輸、食品、建設、商社、保険、小売、印刷 など

元のページ 

page 97

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です