武蔵大学 大学案内2017
68/162

66 MUSASHI MAGAZINE 2017社会学初年次基礎ゼミ社会学初年次応用ゼミ社会学方法論ゼミ社会学方法論ゼミ社会学専門ゼミ1社会学専門ゼミ2社会学卒業研究ゼミ卒業論文社会学原論A社会学原論B社会調査方法論基礎1社会調査方法論基礎2ゼミ科目理論科目情報処理系情報科学系社会調査系メディア分析系社会問題とエンパワーメント社会学部特講他学科専門科目1年次3年次4年次2年次※どのコースに所属しても、学部内の他コース科目を履修することができます(GDSコースの一部科目を除く)。年度によっては開講されない科目もあります。展開科目方法科目コンピューティング基礎社会学史  社会学理論  社会学文献講読A/B  社会学外書講読選択外国語(英/独/仏/中/韓・朝/西/伊/露)必修外国語(英語)※青文字は必修科目、黒文字は選択科目。※GDSコースのカリキュラムについては、別冊子を参照してください。全学対象専門科目外国語科目総合科目専門科目コンピューティング応用A~D留学・国際交流関連科目、教職・学芸員課程関連科目、経済学部・人文学部の専門科目の一部他学科の理論科目・展開科目社会問題の社会学 ジェンダーの社会学 仕事の社会学 教育社会学 家族社会学 ケアの社会学福祉社会学 人口問題の社会学 不平等の社会学 開発人類学 多文化共生の人類学文化とアイデンティティ国際社会とネットワーク文化の社会学 アイデンティティの社会学 若者文化の社会学 消費社会論コミュニケーションの社会学 カルチュラルスタディーズ セクシュアリティの社会学 宗教人類学身体の社会学 文化人類学 家族と結婚の人類学ネットワークの社会学 地域とコミュニティの社会学 政治社会学 都市社会学 社会運動論 環境社会学 歴史社会学 グローバリゼーションの社会学 エスニシティの社会学ナショナリズムの社会学 観光人類学メディア研究のフロンティア 社会理論のフロンティア 文化研究のフロンティア現代社会の諸相 メディア社会の諸相 グローバル社会の諸相 ホットトピック特別講義データサイエンス特別講義詳細はP.76-77社会統計学1/2 データサイエンス基礎 データサイエンス応用 定性データ分析法 定量データ分析法量的社会調査方法論 質的社会調査方法論 参与観察調査方法論 資料調査方法論 エスノメソドロジーメディア分析法A~C ルポライティング方法論社会学原論社会学の基礎から応用までを幅広く解説します。社会学を学ぶには、まず「常識を疑う目」を養うことが大切だといわれています。この授業では社会学の基本的な概念、理論とその発展を学び、「社会学のできる」人になる基礎の知を習得します。カルチュラルスタディーズ 食べ物、仕事、スポーツ、マンガなどのポピュラー文化を対象にしながら、私たちの社会のあり方を考えます。通常、研究の対象にならないようなものを社会学的に見る、少し型破りな学問です。文化人類学人はさまざまな環境のなかで多様な暮らしを営み、独自の「ものの見方」を育んでいます。その世界観によって多彩な「文化」が息づいています。そうした異文化との差異を認識し、他者理解の可能性を追求すると同時に、自文化に対する理解を深めることが目標です。ジェンダーの社会学私たちの社会は階級や民族、性別などによってさまざまに分けられ、結びつけられていますが、とりわけ「自然」に見えるのが性別です。性別のあり方であるジェンダーを社会学することで、社会の風景は変わって見えてきます。福祉社会学社会全体の幸せを守るために、必要とする人に所得やサービスを届けることを「福祉」といいます。この授業では福祉を社会学的にとらえる方法を学び、福祉制度や少子高齢化・貧困などの問題を具体的に分析していきます。教育社会学現代社会において教育を受ける機会の格差が人々のライフチャンスの格差を生み出していること、その教育機会の格差が人々の国籍、人種、性別、生まれた家庭環境の違いに影響されていることを、この授業では明らかにします。■ 授業紹介■ 社会学科 カリキュラム

元のページ 

page 68

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です