武蔵大学 大学案内2017
57/162

現代に残る東ドイツの「モノ」について 2年次の夏に外国語現地実習でドイツへ行き、今ドイツで起こっていることに興味を持ちました。再統一から25年という区切りを迎え、東ドイツを詳しく知ることが、現代のドイツを知ることになると考えたのです。たとえば、東ドイツで使用されていた信号機は、再統一の際になくなりました。しかし、デザイン性が注目され、今ではドイツ国内に広く復活しています。東ドイツの国民車だったトラバントという車も、現在のドイツでは懐かしいものの代表として認識されています。しかし、東ドイツ出身の人々は本当に懐かしさを感じているのだろうか。そんな疑問から卒業論文のテーマを決め、“東ドイツのミュージアム化”という着地点にたどり着きました。資料探しはとても困難でしたが、先生のアドバイスを参考に、やりきることができました。研究を進めるなかで、講義やゼミで学んだことが直接はつながらなくても、そこから何かを見つけられる可能性に何度も気づきました。視野を広げて物事を考えられるようになったことが、一番の成長だと思います。ヨーロッパ文化学科 広域ヨーロッパ文化コース(旧)2016年3月卒業東京都・私立東京家政大学附属女子高等学校出身就職先:新日本無線株式会社戸水 香那さん 卒業論文テーマ2015年度 ヨーロッパ文化学科卒業論文テーマ再統一から25年を迎えたドイツには、“東ドイツ”を感じさせる「モノ」が今も残る。それは当時と同じ「モノ」なのか?私たちが持つドイツ再統一のイメージは、そこに生きていた人々の真実か。「モノ」を通じて考察した。●武士と騎士:その精神と刀剣観●Vergleich der Bildungs- und Ausbildungssysteme in Japan und Deutschland am Beispiel des Englischunterrichts(ドイツと日本の学校制度、教職課程、英語教育の比較)●ヨーロッパにおけるサッカーと人種差別●ディズニープリンセス ~現代に蘇るおとぎ話~●異類婚姻譚が愛される理由 ~『美女と野獣』と『ぼくのエリ 200歳の少女』を比較して~●カフカの動物文学●ジュール・シェレのポスターから見る広告の本質 ―色彩と女性像―●フランスの日傘●レオナルド・ダ・ヴィンチの機械像 ~解剖された自然~●信教の自由と司法判断●ランボーの永遠観●いかにして「現代美術」は美術史の「殿堂」入りを果たすのか ~ピカソ《アヴィニョンの娘たち》の事例から~●伝統芸能の継承に関する考察●18世紀のフランスファッション 上流階級と下層階級の服飾差異について●多文化社会におけるアイデンティティ形成の研究 ―イギリスと日本の事例から―                        ほかMUSASHI MAGAZINE 2017 55人文学部ーヨーロッパ文化学科詳細はP.21,80-81■ 取得をめざせる資格■ 業種別就職状況凸版印刷(株)/新日本無線(株)/(株)トーハン/(株)東武百貨店/(株)セブン-イレブン・ジャパン/全日空商事デューティフリー(株)/(株)みずほ銀行/(株)群馬銀行/SMBCフレンド証券(株)/野村證券(株)/第一生命保険(株)/損害保険ジャパン日本興亜(株)/西武鉄道(株)/全日本空輸(株)/東日本旅客鉄道(株)/日本瓦斯(株)/ソフトバンク(株)/(株)星野リゾート/(株)サンケイリビング新聞社/楽天(株)/財務省(横浜税関) ほか・日本語教員・中学校教諭1種免許状(英語・独語・仏語・社会)・高等学校教諭1種免許状(英語・独語・仏語・地理歴史)・学芸員単位:%■ 主要就職先★2017年4月コース改編予定。  旧カリキュラムのコースに所属する学生を紹介しています。学部別の情報は別冊PLUS P.14-15別冊PLUS P.14-15学部別の情報は

元のページ 

page 57

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です