武蔵大学 大学案内2017
42/162

40 MUSASHI MAGAZINE 2017例:「経済指標を読みこなす」金融経済指標の定義を理解し、その解釈を行います。また、新聞・雑誌などの調査や政府系ホームページの検索方法に慣れ、入手した最新のデータから経済の現状を考察します。例:「証券アナリストになる」証券アナリスト資格の取得にあたり重要となる証券分析、特に株式・債券の評価手法の基本的な理論を理解します。パソコンを駆使し、金融データの分析と発表を行うなど、証券アナリストに必要なスキルを身につけます。例:「我が国における   インフレ目標政策について」不況を克服する金融政策として、インフレの操作をする政策が有効であるか否か、賛成派と反対派に分かれて積極的な議論を行います。ゼミのなかで選抜された代表者は、1年間の研究成果を12月のゼミ大会で発表します。例:「金融改革と金融機関経営」世界の金融制度改革、国際金融・資本市場の変貌、世界の金融機関の形態、金融機関の合併・買収、IT革命と金融機関の経営など最新の動きを専門的に研究し、研究論文作成の個別指導をしています。■ 金融学科のゼミのステップ■ 教員・担当ゼミ紹介1年次2年次3年次4年次教養ゼミナール(前期)プレ専門ゼミナール(後期)専門ゼミナール第1部専門ゼミナール第2部専門ゼミナール第3部ファイナンス、投資理論株式投資で成功する方法をさまざまな角度から実証する株式投資のポイントは、理論モデルをベースとして情報を集め、正しく分析して迅速に実行することです。ゼミでは、これまでの例として、日本経済の現況を考えて、上場会社の資金繰りに注目した投資対象の選び方を現実のデータを使って学びました。安達 智彦 教授● ゼミテーマ国際金融、国際ファイナンス2015年度3年次のゼミでは、近年の円安・原油高が日本の各産業に与えた影響を実証的に分析し、その成果を他大学との合同発表会やゼミ大会で報告しました。さらに、英語でのプレゼンテーションにも挑戦しました。大野 早苗 教授円安、原油高と日本経済への影響● ゼミテーマ金融工学、数理ファイナンス、フィナンシャル・エコノメトリックス神楽岡 優昌 教授不確実性やリスクの大きい投資プロジェクトの価値を算出投資プロジェクトが失敗に終わるリスクやその収益の不確実性を数学を用いて評価するリアル・オプションの手法を学びます。これまでの3年次のゼミでは、製薬会社の新薬開発や生涯賃金から見た大学進学の価値を分析してきました。● ゼミテーマ金融論、リスクマネジメント論さまざまなリスクを評価し、マネジメントするRIS(全国20余りの大学が参加するインターゼミ)や学内のゼミ大会に向けて研究を行います。2015年度は「リバースシナリオテストによる地銀の評価」、「規模の経済性と地銀再編」、「生保会社のコーポレート・ガバナンス」、「金融システムの国際比較とGDP」というテーマで発表を行いました。茶野 努 教授● ゼミテーマ実証ファイナンス徳永 俊史 教授ファイナンス理論にもとづく企業経営の評価卒業後にファイナンスを勉強したと自信を持っていえること、その知識を仕事や日常生活で活用できることをめざします。最近は、企業の福利厚生戦略を分析し、ブラック企業の損失をファイナンス的に評価しました。● ゼミテーマ国際経済学、開発経済学世界に開かれた経済(open economy)について考えるモノやカネが国境を越えて取引されるグローバル化の時代の今、一国の経済は世界から隔絶された存在ではいられません。このゼミでは貿易や国際金融を通じて世界に開かれていることの持つ意味・影響について学び、考え、議論していきます。鈴木 唯 准教授● ゼミテーマ会計学、金融法豊田 俊一 教授ディスカッションを通じて、資本主義経済における基本的な道具である企業会計の本質に迫ります。なぜ、会計情報が必要とされているのかを体感的に理解するために、実際に企業分析を行います。また、国際的に争点となった問題を取り上げて、財務会計の本質に迫ります。企業会計の役立ちと仕組み● ゼミテーマ金融工学、資産運用理論、証券市場論個人や企業、国家にとって持っている資産を運用し、増やしていく行動は非常に重要な問題の1つです。2015年度2年次のゼミでは、株式学習ゲームを通じて資産運用を行いながら、企業の分析方法や株式運用方法について学習しました。山本 零 准教授株式運用ゲームを用いて企業・株式分析方法を学習● ゼミテーマ理論経済学吉田 真理子 教授巨額の国債発行残高が家計に与える影響政府の政策が、個々の家計の経済行動にどのような影響を与えるかを数理的に分析します。2015年度2年次のゼミでは、世代重複モデルという経済モデルの分析手法を用いて、国債発行の家計への影響を研究しました。● ゼミテーマ財務報告論精密機械を製造する企業の経営をシミュレートするビジネスゲームを行いながら、会計学を学んでいきます。2015年度1年次のゼミでは、ビジネスゲームを通じて資本予算、原価計算、財務報告など、会計のエッセンスを学びました。海老原 崇 教授ビジネスゲームで学ぶ会計学● ゼミテーマ※担当ゼミの一部を紹介しています。

元のページ 

page 42

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です