武蔵大学 大学案内2017
37/162

MUSASHI MAGAZINE 2017 35経済学部ー経営学科学部別の情報は別冊PLUS P.14-15別冊PLUS P.14-15コーズ・マーケティングの可能性 ~子どもの社会貢献意識の向上に向けて~詳細はP.21,80-81■ 取得をめざせる資格■ 業種別就職状況■ 主要就職先●カラオケ業界の今後~ヒトカラは救世主となるのか~●ITを利用した次世代ビジネスのあり方~ダイレクトマーケティングの未来~●中小企業の成長性評価と地域金融機関の役割 ~地域経済への貢献と経営の健全性は両立できるのか~●トランザクティブメモリーシステムのデザインが組織のパフォーマンスに与える影響●生き残る文房具業界~なぜデジタルの時代にアナログの文房具は売れるのか~●日本の中小製造業による広域型連携の構築●脱原発の日本へ~原発の理想と現実~●観光とパークアンドライド●TSUTAYAの新事業に見る~店舗型小売販売の未来~●健康経営~社会に浸透させるために~●YKK なぜNO.1であり続けられるのか●ソーシャルビジネス存続のための条件とは ~本業以外の収入の重要性~●中小企業変革の新フレームワーク ~輝く町工場に学ぶ製造業転生のススメ~●リーダーシップ育成のためのエクササイズ開発●「公認会計士」の義務はどの程度人工知能に 取って代わられるか? さまざまな資料を調べる過程で、武蔵学園創立者である根津嘉一郎の「社会から得た利益は社会に還元すベきである」という言葉に出会い、社会貢献とマーケティングを組み合わせた研究をしたいと考えました。そして、企業がコーズ・マーケティングを取り入れた背景や事例などを調査していくなかで、子どもを対象としたコーズ・マーケティングには教育的メリットがあるのではないかという仮説を立てました。実証にあたっては、文献やデータを調べるだけでなく、玩具メーカーに取材するなど、幅広い視野を持って取り組むことを心がけました。また、発表内容はもちろん、わかりやすく伝えるためにはどうしたら良いか、プレゼンテーションの仕方についても仲間と議論を重ねました。発表直前まで、空き教室で練習したほどです。本番はとても緊張しましたが、今までやってきたことを信じることで優勝を勝ち取ることができ、大きな自信につながっています。仲間たちと粘り強く研究に取り組んだことは、社会に出ても生きる貴重な経験になったと思います。経営学科 ビジネスコース 2016年3月卒業東京都・私立聖学院高等学校出身就職先:日本郵便株式会社仁木 輝さん ゼミ大会 発表テーマ2015年度 ゼミ大会 経営学科 発表テーマ積水ハウス(株)/凸版印刷(株)/京セラ(株)/アキレス(株)/三菱食品(株)/コマツリフト(株)/(株)イトーヨーカ堂/アスクル(株)/(株)みずほ銀行/(株)三井住友銀行/(株)りそな銀行/(株)横浜銀行/SMBC日興証券(株)/野村證券(株)/富国生命保険(相)/(株)オリエントコーポレーション/イオンフィナンシャルサービス(株)/日鉄住金物流(株)/KDDI(株)/(独)日本スポーツ振興センター/(株)博報堂プロダクツ/住友三井オートサービス(株) ほか・証券アナリスト・中学校教諭1種免許状(社会)・高等学校教諭1種免許状(地理歴史・公民・商業)・学芸員単位:%学部別の情報は商品の購入を社会貢献活動に結びつけるコーズ・マーケティング。向社会性が芽生えやすい子どもに目を向け、発達心理学や教育心理学の観点からもアプローチし、教育的なメリットも主張。寄付つき食玩の提案を行った。

元のページ 

page 37

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です