武蔵大学 大学案内2017
29/162

MUSASHI MAGAZINE 2017 27経済学部ー経済学科すべて英語で行われるゼミに向上心を刺激され、留学を実現できた目に見えない事象も数値化し、比較できるという発見があった1年次のゼミで学んだこと/留学や国際というキーワードに興味があったため、すべて英語で授業を行う横川ゼミを履修しました。前期はアメリカの歴史を、後期は政治経済学を学びました。2年次のゼミで学んだこと/再び横川ゼミで国際政治経済学を学びました。1年次と同様、発表や討論、司会進行もすべて英語。自分の英語力に自信をなくし、話すのが怖くなってしまった時期があり、もっとがんばらなければと自分を鼓舞しました。今後の目標/念願だったオハイオ大学への協定留学が決まり、国際経済について知識を深めるのはもちろん、英語力の向上にも取り組んでいます。将来は商社で活躍したいという想いがあり、そのために資格取得などにも積極的に挑戦したいと考えています。経済学科 国際経済・経営コース 3年茨城県・私立常総学院高等学校出身石津 美紀さん 経済学科 経済学と現代経済コース 4年石川県・私立金沢高等学校出身上杉 英さん MON.SAT.13245環境経済学世界経済政治学概説(国際政治を含む)英語Ⅱ〔経済・TOEIC〕経済統計学現代政治経済学グローバル時代の歴史認識専門ゼミナール第1部ヨーロッパ経済政治経済学国際経営論中級ミクロ経済学WED.TUE.THU.FRI.■ 2年次前期の時間割在学生インタビューMON.SAT.13245西洋経済史金融論農業政策国際法日本思想史専門ゼミナール第2部オートメーション地球環境シミュレーション特別活動の理論と実践財政学教育史(日本)国際経営論WED.TUE.THU.FRI.■ 3年次前期の時間割2年次のゼミで学んだこと/河合ゼミに所属し、平和度指数をテーマに学びました。平和という目に見えないものを数字で表すことで、さまざまなことを比較することが可能になり、1つの判断材料として意思決定の助けになるのだと実感できました。3年次のゼミで学んだこと/引き続き河合ゼミで学び、卒業論文に向けて北陸新幹線を取り上げ、その経済的な効果などについて調査、分析を行いました。ゼミでは、違う視点から物事を見ることで新しい発想が生まれることも学びました。将来について/母校の教員になることが、入学時からの目標でした。そのため、教職課程の授業も履修しています。教師として大学で学んだことを生かし、生徒たちの成長の手助けをしたいと思っています。

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です