武蔵大学 大学案内2017
111/162

① 学生寮(朝霞プラザ) ② 朝霞合宿所・ホール ③ 部室 ④ 野球場 ⑤ テニスコート ⑥ アーチェリー場 ⑦ 弓道場(新クラブハウス建設中) ⑧ アメリカンフットボール・ラクロス場⑨ サッカー・ラグビー場 ⑩ ホッケー場 ⑪ 屋内野球練習場▲約67,000㎡、東京ドーム約1.4個分に相当する広大な総合グラウンド。1014986572311埼玉県朝霞市の広大な敷地に、野球、サッカー、ラグビーなどの各種グラウンド、合宿所、多目的ホール、部室、学生寮(朝霞プラザ)があります。最寄駅は東武東上線 朝霞駅。江古田キャンパスからはスクールバスが往復運行しています(授業開講日)。朝霞グラウンドスクールバスで移動します6学生食堂・学生ホール(2号館)学生食堂には安くておいしいメニューが並びます。学生ホールはクラブ・サークル活動などにも利用されています。73号館1923年建築の、都内でも珍しい関東大震災を耐え抜いた歴史ある建物。2階には人文学部GSルームがあります。8大講堂1928年建築で、大隈記念講堂や日比谷公会堂を手がけた佐藤功一氏による設計。入学式や卒業式などに使用しています。9大学体育館1階に身体運動科学研究室、2階にシャワー室・更衣室を完備。総合科目やクラブ・サークル活動に利用されています。11しらきじ広場(10号館前)日当たりの良い小さなグラウンドは学生の憩いの場。クラブ・サークルの練習のほか、フットサルやバスケットボールを楽しむ学生もいます。12濯川(すすぎがわ)学内には四季の彩りを水面に映す小川が流れています。この小川の名は「濯川」といい、中国の詩人・屈原の「漁父辞」の一節から名づけられました。13大学図書館本館は地上3階、地下2階建て。洋書プラザは8号館の地下にあります。蔵書数は、本館と洋書プラザあわせて約65万冊です。▲詳細はP.11014大ケヤキ3号館の中庭で学生たちを見守る樹齢200年以上の大ケヤキ。春は新緑、秋は紅葉で色づく美しい姿は、3号館の教室や図書館の窓から眺めることができます。157号館コンピュータ教室や演習室などを完備。3階には社会学部GSルームや映像編集室、スタジオなどがあり、地下1階にはプールもあります。16はなみずき広場その名の通り、ハナミズキの木が並ぶ円形広場は人気のスポットの1つ。授業の合間に休憩したり、ランチを楽しむ学生で賑わっています。17ケヤキ並木正門を入ると正面にケヤキ並木が続きます。木漏れ日が差し込み、さわやかな空気が流れるこの並木道を通って、学生たちは教室に向かいます。18ミツバチ園(3号館屋上)本学が活動を支援している「江古田ミツバチプロジェクト」のミツバチはここで飼育されています。 ▲詳細はP.78各学生団体部室(2~8階)各階のフロアごとに、体育系、文化系、それぞれの団体の部室が割り当てられています。部室内の雰囲気には各団体ごとの特色が出ています。武道場(5階)板敷と畳敷の2面を備え、主に剣道、柔道、空手道、合気道、少林寺拳法の各部が利用します。2カ所に大型の鏡を備え、型の確認もできます。10号館ホール(3階)ダンス練習用バーと大型ミラーを備えたホール。緞帳、ピアノや移動舞台、観客用椅子もあり、公演や演奏会、展示発表にも利用できます。トレーニング室・卓球場(4階)最新のトレーニングマシンを30台設置。クラブ・サークル活動だけでなく、個人での利用も可能です。トレーナーからアドバイスも受けられます。10学生の課外活動を支える10号館MUSASHI MAGAZINE 2017 109キャンパスライフ

元のページ 

page 111

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です