武庫川女子大学短期大学部 大学案内2018
33/52

学科の学び学生メッセージ学生メッセージ 私はファッションや縫製が好きです。自分で仕上げた作品が学科の作品集に掲載されることになり、服作りに対する自信が付きました。 「アパレルコンストラクション実習 Ⅰ・Ⅱ」では、実際に自分の体を採寸し、スカートやワンピース、ブラウスなどを作ります。制作を進める中で、パターンをきれいに引けるかどうかが作品の質を左右することを実感しました。そのため「パターンメイキング演習」の授業で、原型からパターンを引き直す工程を繰り返し練習しました。その結果、作品を作る際に、パターンを数ミリ単位で調整し、丁寧に仕上げることができました。 将来は、習得したアパレルの知識や技術を生かした職業に就くことを目指しています。 小学生の頃から“家で過ごすひととき”と“ものづくり”が好きで、建築に興味がありました。 特に印象深いのは、「基礎・住宅製図」や「CAD基礎実習」など図面を作成する授業。描くのが楽しくて、建築が好きという気持ちを再確認することができました。また、自身の成長につながったと感じているのが、公共の場や家の中がどのような考えに基づいて設計されているのかを学ぶ「住居学」。この授業を機に建築物や空間を設計者の視点で見るようになり、「私ならどうするか」ということも考えられるようになりました。 将来の夢は、戸建住宅の設計に携わること。まずは二級建築士を目指して、専門知識の習得に励みたいと考えています。MONTUEWEDTHUFRISAT 9:00~10:30英語会話 Ⅱ繊維学実験ファッションコンピュータ実習カラーコーディネート演習10:45~12:15パーソナルコミュニケーションパターンメイキング演習被服整理学13:05~14:35おしゃれの服飾学初期演習服飾文化史英語会話 Ⅱ14:50~16:20アパレル材料学アパレル生産実習 Ⅰアパレルコンストラクション実習 Ⅱ16:30~18:00MONTUEWEDTHUFRISAT 9:00~10:30英語会話 Ⅰインテリア・家具製図初期演習10:45~12:15英語会話 Ⅰカラーコーディネート論13:05~14:35スポーツ実技(Gyrotonic)基礎・住宅製図情報リテラシーインテリア計画住居学14:50~16:20照明と住まいのデザイン論知的思考法 Ⅰ仕事力を考えるCG基礎実習16:30~18:00※記載している科目名は、学生が入学した年度のカリキュラムによるものです。共通教育科目共※記載している科目名は、学生が入学した年度のカリキュラムによるものです。共通教育科目共[後期分][前期分]建築家の美しい住宅を教材にして製図や立体模型をつくりながら学びます。 住宅の設計やインテリアのデザインをするには、頭の中に思い描いた空間を設計図面や三次元の模型やデザイン画などで表現するスキルが必要になります。 この科目では、有名な建築家の設計した住宅を教材として設計製図における基礎知識と表現技術を学び、製図法、空間の各部位、構造、スケールについての理解を深めることを目標としています。また、実際に簡単な住宅のデザインも設計します。基礎・住宅製図 鎌田 誠史 准教授Pick Up授業学びの集大成としての卒業制作展 生活造形学科では、年度末に卒業制作展を開催しています。2年次後期の「クリエイティブデザイニング実習」(アパレルコース)や「自由創作」(インテリアコース)など、様々な授業で制作した作品を展示します。外部にも公開して学内で行います。全員が出展し、運営も学生が行います。共共共共共共アパレルコースインテリアコース自分の作品が学科の作品集に掲載され、自信につながりました。馬本 結衣 さん (1年生) 兵庫県立 龍野高校出身可能性を広げる学び短大の力建築士としての素養が着実に培われていく日々。中村 千秋 さん (1年生) 兵庫県立 須磨友が丘高校出身可能性を広げる学び短大の力生活造形学科短期大学部Department of Fashion and Living Design,Junior College DivisionJunior College Division Guide BOOK 201831

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る