武庫川女子大学短期大学部 大学案内2018
29/52

学生メッセージ食品素材の知識と調理技術を生かしてお菓子メーカーで商品開発に携わりたい。清水 瞳 さん (1年生) 和歌山県立 田辺高校出身可能性を広げる学び短大の力 お菓子メーカーで商品開発の仕事をするのが夢で、食生活学科を選びました。すべての科目に興味を持って取り組んでいますが、中でも楽しいのが「調理学実習 Ⅰ・Ⅱ」。料理をするのは慣れていましたが、和・洋・中、様々な料理の調理法を基礎から教わる中で、回を重ねるたびに調理技術の腕を上げ、調理時間を短縮できるようになりました。また、チーム内で率先して料理を作る手順を示す機会も多く、コミュニケーション能力が身に付いてきたと実感しています。 「食品素材学」もお気に入りの授業。食品一つ一つの成分を学習し、人工甘味料についてより詳しく学びたいと思いました。 将来は、授業で得た知識を生かし、楽しくダイエットできるお菓子を開発したいと思っています。MONTUEWEDTHUFRISAT 9:00~10:30英語会話 Ⅰ情報リテラシーフードコーディネート論10:45~12:15スポーツ実技(テニス)食品素材学初期演習基礎生物化学13:05~14:35スポーツと栄養調理学教育原理14:50~16:20教職入門調理学実習 Ⅰ英語会話 Ⅰ社会福祉概論教育心理学16:30~18:00映画で学ぶ英語※記載している科目名は、学生が入学した年度のカリキュラムによるものです。共通教育科目共教職課程科目教[前期分]食中毒を防ぐために必要な食品衛生学の知識を基礎から学びましょう。 今、テレビや新聞で毎日のように報道されている食中毒。食を学ぶ者にとって、食中毒の正しい予防法を知ることは非常に大切なことです。 食生活学科で開講されている「基礎生物化学」などの基礎教育科目で、しっかりと基礎を学んでから、専門教育科目の一つである「食品衛生学」の講義と実験実習を通じて、食の安全性について、皆さん納得がいくまで学んでみませんか。基礎生物化学、食品衛生学、食品衛生学実験 吉田 徹 教授Pick Up授業授業選択形式で自分が高めたい専門分野のスキルアップをサポート。 食生活学科では従来の栄養士免許取得に向けての科目に加え、自分の興味ある分野でのスキルアップを目指す応用的な選択科目を開講しています。いずれの科目も理論を学び、それに基づき実習を展開することで、単に食事を提供する、お菓子・パンを作るだけの実習とは一線を画します。専門職として、様々な現場で対応できる理論に基づいた実践力に磨きをかけます。栄養価だけにこだわらず食文化、おいしさ、見た目の美しさにもこだわった食事、料理の提供方法や食事提供におけるマネジメント力を身に付けることができる科目も開講しています。外食産業を見据えた実務教育をサポートすることで、栄養士だけでなく、フードサービスのスペシャリストの養成も目指します。学科の学び共共共教教教 健康科学館の給食経営管理実習室には、100人分の給食を提供できる大量調理設備があります。自慢の施設・設備 中央図書館では落ち着いてテスト勉強や課題に取り組めます。Wi-Fi環境が整っているのでとても便利です。私のおすすめスポット食生活学科短期大学部Department of Dietary Life and Food Sciences,Junior College DivisionJunior College Division Guide BOOK 201827

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る