武庫川女子大学短期大学部 大学案内2018
25/52

学生メッセージ授業を通して、自分の強みを再確認。健康運動実践指導者の資格取得に向けて頑張っています。志食 伶奈 さん (1年生) 島根県立 大社高校出身可能性を広げる学び短大の力 中高時代は陸上部。大好きなスポーツについて学びたいと思い、健康・スポーツ学科を選びました。最も興味深かった授業は「スポーツマネジメント論」です。互いの長所を言い合うペアワークで、常にポジティブに考え行動できるという自分の強みを再確認できました。実技の授業も大好きです。単に楽しいというだけではなく、様々な気付きが得られる場でもあります。例えば陸上部での競技経験を生かせる「トラックアンドフィールド」では、友人に教える機会が度々あり、相手に分かりやすく伝えることの重要性を学びました。 現在、健康運動実践指導者の資格取得に向けて勉強中です。2年生になっても多くの授業を受講し、自分らしさを発揮できる進路を見極めていきたいと考えています。MONTUEWEDTHUFRISAT 9:00~10:30スポーツ運動学アクアエクササイズ初期演習 Ⅱ10:45~12:15女性と家族のゆくえ英語会話 Ⅱスポーツマネジメント論13:05~14:35英語会話 Ⅱ障がい者スポーツ論ダンス Ⅰスポーツの文化・歴史14:50~16:20スポーツと栄養トラックアンドフィールド16:30~18:00※記載している科目名は、学生が入学した年度のカリキュラムによるものです。共通教育科目共[後期分]運動を実施する際の基本的な動きを幅広く身に付ける。 栄養がたっぷりの土で育った木は、太い根を張り立派な幹になります。これを体育・スポーツの場面で表現すると、土の部分が「体操」になります。そのため、この科目ではラジオ体操や異操作などの動きを通して、体の基本的な動きを幅広く身に付けることが重要になります。また、体つくり運動で実施されている「体ほぐしの運動」や「体力を高める運動」についても学びます。授業を展開しながら、心と体の関係に気付いたり、調子を整えたりし、仲間と交流しながら、手軽な運動や律動的な運動を行っていきます。体操 五藤 佳奈 講師Pick Up授業プロフェッショナルな教員による「少人数教育」によって「健康・スポーツ」における即戦力・実践力を身に付けます。 「健康・スポーツ実践研究」は6人の教員が、それぞれの専門性を生かして開講します。2016年度はスポーツビジネス、フットネス、スポーツ心理学、コーチング、介護予防、スポーツ文化の創造がテーマでした。「スポーツビジネス」(穐原寿識講師)では、スポーツ産業のマーケティング戦略について学ぶために「魔法のタイツ株式会社との産学連携プロジェクト」に取り組み、タイツの科学的効果の測定、女性ならではの視点からのプロモーションにおけるマーケティング、着用インプレッションの計測などを実施。実際に3週間の効果測定を行い、約3cmの定着率の効果が現れるなど、目に見える結果が得られました。受講生自身による「視点」や「気付き」が商品開発において重要視されるということを実学的に学んだプログラムとなりました。学科の学び共共 おいしいパンが並んでいるMMカフェの、紅茶スコーンがお気に入り。新作が出るのを心待ちにしています。私のおすすめスポット 飲食店でのアルバイト。言葉遣いや人との接し方など、社会に出てから役立ちそうなことを学べます。現在、頑張って取り組んでいること健康・スポーツ学科短期大学部Department of Health and Sports,Junior College DivisionJunior College Division Guide BOOK 201823

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る