武庫川女子大学短期大学部 大学案内2018
20/52

「自分や他者の心の理解を深める」「社会人としての力を発揮できる」「コミュニティーに貢献する」をテーマに、心理学を中心に学びながら実践力を身に付けます。勝埜 未瀬 さん (1年生) 京都府立 西城陽高校出身短期大学部心理・人間関係学科Department of Psychology and Human Relations, Junior College Division中央キャンパス定員100人 心理学は心の問題を幅広く扱う学問です。その多彩さに触れることで、人々の心をどのように見詰め、理解すればよいか、そしてどのように共感し合える心を育てていけばよいかを実感できるでしょう。そのことは、自分を理解し、自らが持つ本当の価値を発見することへもつながります。自分自身を見つける。 POINT1 心理・人間関係学科では、女性のライフステージの特徴を踏まえ、人生全般にわたって人と人とがどのように関わり合いながら心と人生を豊かにしていくのかという視点から、独自のカリキュラムを備えています。様々な場面で困難に直面しても、強くしなやかに対応できる心を育みます。ライフステージに対応したカリキュラム。 POINT2 心理学の科目を中心に学ぶことによって、人を理解するための実践的な力を身に付け、人との関係の中で自分の未来を創造できる女性を目指します。そのために、様々な対人場面においてコミュニケーション能力や問題解決能力を発揮するための方法を体験的に学ぶ授業も設けています。人々と共に生きる実践力の育成。 POINT3学びの特長18Mukogawa Women's University

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る