武庫川女子大学 大学案内2019
41/144

MONTUEWEDTHUFRISAT 9:00~10:30英語 Ⅱ初期演習教育心理学教科社会教科算数10:45~12:15児童家庭福祉教育学への招待体育Ⅱ (実技)英語 Ⅱ教科家庭13:05~14:35ICTの活用保育内容総論教育行政学教科器楽基礎14:50~16:20教科生活TOEICリーディング(初級)ダンス・ムーブメントセラピー教科国語16:30~18:00研究室Pick Up国語科教育学研究室 山口 豊 教授  「教育心理学」では、事前に先生からPDFファイルが配信され、指定されたウェブサイトや動画を確認してから授業に臨みます。この講義は、正しい姿勢で挨拶することから授業が始まります。授業中の空気の切り替え方や、話し方や生徒への質問方法に独自性を出すなどして「記憶に残りやすい授業」を実施するための技術を教わるなど、実際に体験しながら学びました。教育現場ですぐ活用できそうな心理学的手法を学ぶことで、教職を志す思いが日々、強くなっています。 また、「障害児の発達教育論」を受講し、特別支援教育にも興味が湧き、放課後等デイサービスのアルバイトで障がいのある子どもたちの支援を始めました。学んだことをアルバイトや実習で生かしながら、あらゆる教育現場に対応できる教員を目指します。※記載している科目名は、学生が入学した年度のカリキュラムによるものです。共通教育科目共共共[後期分]あらゆる教育現場に対応できる教育者を目指します。■ 髙橋 美穂 さん (1年生) 西宮市立 西宮東高校出身学生メッセージTOPICS (トピックス)カリキュラムの特長■2年次から、小学校・特別支援学校教員を志す「小学校教育コース」、小学校・中学校(国語)(英語)教員を志す「小学校・中学校教育コース」、幼稚園教諭・保育士を志す「幼児教育・保育コース」、海外や国内での教育支援を志す「国際教育コース」に分かれて、それぞれの専門教育を重視して学びます。■各教育コースには、それぞれのコースの「基礎プログラム」に加えて、様々な「発展プログラム」があります。「発展プログラム」とは自分が目指す将来像に合わせて選択し、強みとなるものを身に付けるための科目グループです。小学校教育基礎プログラム1年次2年次以降小学校教育発展プログラム小・中学校教育基礎プログラム小・中学校教育発展プログラム幼児教育基礎プログラム幼児教育発展プログラム小学校教育基礎プログラム小学校教育発展プログラム国際教育プログラム 「教科家庭」の授業で作成。新聞紙で簡単に作ることができるので、将来子どもたちに作り方を教えるのが楽しみです。「1999」は私の生まれた年。モノクロの新聞紙に映えるよう、カラフルなスーパーのチラシを切り抜きました。{新聞紙で作ったバッグ}私のマストアイテム「伝える」ことと「伝わる」ことは必ずしもイコールとは限りません。正しく伝わるようにするには適切に伝える技術が必要です。 言葉は生きており、今も変化を続けています。毎日何気なく使っている言葉ですが、自分の思いをきちんと相手に伝わるように伝えるためにはどのような工夫が必要なのでしょうか。言語活動は学校生活全体で取り組むものですが、やはり国語科においてしっかりと学習させることが求められています。国語の歴史を知り、未来へバトンを渡すためにも、今私たちが国語を、そして言葉を見詰め直すことが大切です。子どもたちが素晴らしい言葉の使い手となるよう、教師として必要な知識や技能を学んでいきましょう。学科共通科目Department of Education, School of Education教育学科教育学部 Campus Guide 2019039

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る