桜美林大学 大学案内2018
94/160

この学群がめざすこと少子高齢化や社会的格差の拡大、女性の社会参加という社会の変化が進む日本では「健康・福祉」に対する人々のニーズが高まっています。この学群では、心の問題を含めた健康と福祉やその関連領域について幅広く学び、この社会的課題に取り組む知恵や力を持つ人材を養成します。健康 福祉学群福祉や健康、スポーツ、保育などの資格取得をめざします。福祉、健康、スポーツ、保育など健康福祉学群では資格取得を特に重視します。社会福祉専修では社会福祉士受験資格に加え、「福祉」の教員免許状を、精神保健福祉専修では精神保健福祉士受験資格を取得することが可能です。また、健康科学専修では「保健体育」の教員免許状を、保育専修では保育士資格と幼稚園の教員免許状を取得できます。学内にある実習・演習施設で、実践力を養います。車椅子や電動ベッドなどを完備し、実際の介助を体験できる「社会福祉実習室」、少人数でのディスカッションやグループワークなどに対応した「精神保健福祉実習室」、体力測定や動作分析などの機器が揃う「健康科学実験室」、保育専修の学生が自由に利用できる「ピアノ練習室」などの施設を完備。現場実習に備えて、実践力を磨くことができます。現場実習を学群全体でサポートします。資格取得のために必要なのが、医療機関や福祉施設、保育所、幼稚園などでの現場実習です。これらの実習をスムーズに行うことができるよう、「実習支援センター」を設置しています。それぞれの資格を持つスタッフが常駐し、実習先との連絡・調整、ボランティアやインターンシップの情報提供、さらに勉強会の開催など、さまざまな角度から学生を支援しています。132学位:学士(社会福祉学/精神保健福祉学/健康科学/保育学/健康福祉学)卒業要件単位合計 : 124単位自由選択基礎教育科目専攻科目54※単位20※単位50単位(※最低必要単位)3つのポイントCollege of Health a084J. F. Oberlin University 2018

元のページ  ../index.html#94

このブックを見る