桜美林大学 大学案内2018
85/160

国際・金融 ビジネスプログラムICTビジネス プログラムこのプログラムは貿易や外国為替などの基礎知識をはじめ、グローバル化と企業の経営環境の変化、新興国でのビジネス手法など、企業のグローバル経営について体系的に学ぶプログラムです。企業の海外部門や総合商社、貿易会社、金融機関、外資系企業などへの就職をめざす人におすすめです。このプログラムは今やあらゆる分野で必要とされるICT(情報通信技術)。このプログラムでは、ICTに関する知識を総合的に学び、新しい価値を生み出すことができる人材を育成します。企業経営におけるICTの活用、ベンチャー企業のビジネスモデル分析など、実践的な授業も豊富です。アパレルの商品企画、メーカーの生産管理やコンビニの物流システム、テーマパークの顧客分析……など、ICT(情報通信技術)の知識と技術はどの業界においても求められるものになっています。このプログラムでは、データを適切に収集・分析することを学び、「裏づけ」のある提案ができる人材の育成をめざしています。情報の分析、結果のとらえ方などを学んだ上で、ラジオ局のリスナー分析、地域イベントの満足度調査などさまざまなプロジェクトに参加し、データ分析のプロセスを具体的に体験することが可能です。国際金融論ゼミ貿易や国際投資に不可欠な外国為替と国際金融の基礎知識の習得をめざします。「円とドル」相場の仕組みや為替変動といった「外国為替」の基本の確認からスタート。「円高・円安による経済効果」や「日本の経常収支の行方」「為替の決定理論」など、国際金融に関するテキストを読み解き、各自のテーマを設定します。プレゼンテーションやディスカッションを行いながら、考察を深めていきます。そして「グローバル金融市場の危機管理」など国際金融の時事問題を積極的に取りあげ、新鮮な題材で具体的に学んでいくので、金融志望者だけではなく、一般企業志望者も取り組みやすい内容になっています。MMesesageg坂田 淳一ビジネスマネジメント学群 准教授0304科目紹介将来の進路将来の進路科目紹介国際経済入門ミクロ経済学の基礎理論を通して、国際社会における産業競争力低下の原因を分析。さらには貿易政策、産業構造政策など産業競争力強化におけるミクロ政策の有効性について学びます。グローバル企業戦略論Ⅰ・Ⅱ規模の大小を問わず、あらゆる企業にグローバル的な視野での経営戦略が求められます。講義では先駆企業の事例を通して、戦略的・組織的な側面から企業のグローバル経営を学びます。めざせる職業分野:総合商社/貿易会社/外資系企業/金融機関/グローバル企業の会計 などめざせる職業分野:IT関連企業/SE・プログラマー/一般企業におけるIT部門 など情報通信技術と社会情報通信技術は効率化のみならず、市場競争や組織の在り方までも変える大きな影響を社会に与えました。講義ではこうした影響について議論し、企業経営の将来像を探っていきます。ビジネスプログラミングプログラミング言語として利用頻度の高いPythonを使い、プログラミング技術を習得。実際のビジネスで求められる、ソフトウェアやライブラリーの仕様書を読み取る力を習得します。授業業ピッピクアッププJ. F. Oberlin University 2018075リベラルアーツ学群グローバル・コミュニケーション学群ビジネスマネジメント学群健康福祉学群芸術文化学群

元のページ  ../index.html#85

このブックを見る