桜美林大学 大学案内2018
75/160

留学グローバル・コミュニケーション学群の海外留学 4つのポイント1234仲間プラス現地学生との共同生活留学先の大学の授業料は桜美林大学が全額負担海外留学で単位認定安心のサポート体制留学先でのプログラムにグループプロジェクトを含んでいるため、滞在先はホームステイ先ではなく、提携大学の学生寮またはシェア・ハウスとなります。現地学生と隣り合わせの生活は異なる文化や価値観を知る経験となります(滞在先により異なります)。留学期間の現地の授業料は桜美林大学の学費に含まれます(渡航費、保険費、生活費は含まず)。なお、中国への留学は、優秀な学生に対して「孔子学院奨学金」が支給される制度があります。正規カリキュラムとして海外留学を設けているため、留学先での修得単位は、卒業要件単位として最大20単位を認めることができます(英語専攻科目16単位、GS科目4単位[SL科目分]、A-F評価)。アメリカと中国には桜美林大学の現地事務所があります。安心して留学できるようサポート体制を整えています。グローバル・スタディーズ科目日本と世界を、外国語で、留学生とともに、また、留学生同士で学ぶことで、いま自分たちが立っている位置、世界で起きていることの背景が深く理解できるようになります。詳しくは!グローバル・コミュニケーション学群のリーフレットをお読みください!日本文化系科目群日本の文化、芸術、歴史、宗教などの授業を通して、日本を広く客観的に学ぶことで、多様な視点を確立します。グローバル社会系科目群世界に目を向け、異文化理解、経済、経営、社会、ジェンダーなどのテーマに沿って理解を深めます。×グループプロジェクトの展開として大学を飛び出し、社会で学ぶ。サービス・ラーニング:英語圏留学起業プロジェクト:中国語留学サービス・ラーニングは、大学での授業と滞在する国や地域・大学での地域貢献活動をセットにした学習方法です。学生は興味関心に応じてプログラムを選択し、建学の精神「学而事人」を留学先にて実践します。プログラムは、各大学の特徴を活かしたものとなります。中国語を使った日本語広場の運営・実施と起業プロジェクト。現地企業の訪問なども企画され、中国・アジアの成長力の源泉を実感します。※それぞれの課題は渡航前に事前学習を行います。帰国後には、それぞれの成果を発表し、以降の「グローバル・スタディーズ」の学習にも役立てていきます。大学での学修はもちろん、寮やシェアハウスでの友人、現場コミュニティーとのつながりの中で学び、桜美林大学の理念「学而事人」を実践していきます。教室での学び地域社会への貢献講義・グループワーク学而事人がくじじじんサービス・ラーニングまたは起業プロジェクト語学力をさらにアップ!グループプロジェクトで総合力を!寮・シェアハウス留学先大学社会地域社講義講義・グループワーワククク学而事人がくじじじん地へ地講講講学術的知識主体性思いやり社会正義(学んだことを人々や社会のために役立てる)がくじじじんがくじじじん振り返りシェアリングJ. F. Oberlin University 2018065リベラルアーツ学群グローバル・コミュニケーション学群ビジネスマネジメント学群健康福祉学群芸術文化学群

元のページ  ../index.html#75

このブックを見る