桜美林大学 大学案内2018
73/160

GCInterview [日本語特別専修]マルタ・グドゥMarta Gdokグローバル・コミュニケーション学群2年 出身 私費留学生入学者選抜中学生の時にYouTubeで漢字や日本語を覚え、高校時代の日本語スピーチコンテスト優勝を機に、日本への留学を決意しました。現在は、表現を中心に日本語を学んでいます。毎日の授業や何気なくドラマなどを観る時に、ポーランドの母語とは違う日本語の難しさを感じます。文化の違いも相まって、なかなか理解できないことも。そんな時は、ともに授業を受ける日本人学生やクラスゲストに声をかけ、納得できるまで質問します。そうするうちにコミュニケーション力が身につき、自信も芽生えてきました。今後は東南アジアの宗教や文化、風習について研究したいと考えています。将来は通訳として、異なる文化や言葉を持つ相手同士の橋渡しをしたいです。学習者の興味に応じて授業を カスタマイズ日本語の実力別に少人数クラスで学びます。個人のレベルに応じたチュートリアルや、多様な背景・ニーズに応える個別学習(カリキュラムのカスタマイズ)も導入しています。これは「学習者オートノミー(自律的学習)」を重視した教育で、自分が興味のある事柄に対して深く学べるよう教員と相談し、学習プロセス自体をカスタマイズする手法。日本語教育界では、桜美林大学がリーダー的存在です。日本語学習リソースセンター日本語学習リソースセンターを活用し、外国人留学生は教室内だけではなく、教室外でも日本語を使い交流しながら語学学習をすることができます。留学生が自律的に学べるように、日本語学習リソースセンターにはさまざまな教科書、参考書、問題集、辞書、視聴覚教材、雑誌類、文芸書やコンピュータ、オーディオ機器が揃えられ、日本語担当教員や学生スタッフが常駐して支援します。インインイインインインイインイインタタビタビビューーューーュュココも注目!J. F. Oberlin University 2018063リベラルアーツ学群グローバル・コミュニケーション学群ビジネスマネジメント学群健康福祉学群芸術文化学群

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る