桜美林大学 大学案内2018
72/160

GCInterview [中文专业](中国語特別専修)石井 駿也ISHII Shunyaグローバル・コミュニケーション学群2年 東京都 関東国際高等学校出身 指定校制推薦入学者選抜高校でも中国語を学び、かなり自信がありましたが、この学群に入って、小さな自信だったことがわかりました。入学してわずか半年で、高校の3年間が吹き飛ぶほど。朝から晩まで文字通りの中国語漬けで、本当に日本語を忘れそうになります。「ことばの勉強」はこのぐらい徹底的にやらなければ実を結ばないのかもしれません。先生が中国人、クラスメイトも日本と中国のハーフ、日常会話の発音や文法の小さな間違いも見逃してくれません。今の目標は、ハイレベルな語学検定試験にハイスコアで合格すること。将来は商社で貿易の仕事をしたいと考えていますが、そうなると英語のパワーアップも必要かも。とにかく、今は、勉強に集中することです。汉语沙龙 (中国語サロン)より実践的に、楽しく中国語を身につけるため、定期的に「中国語サロン」を開催しています。日本人学生と中国人教員・留学生が語学学習のみならず、文化体験やミニゲームなどを通じて日中交流を深めることができます。サロンに集まった学生を中心にバーベキューや登山なども企画されています。また、桜美林大学孔子学院と連携し、教員・スタッフがいつでも学習相談に応じます。「ゼロスタート」を鍛える 特別集中教育「中国語の桜美林」としての50年にわたる実績と、「孔子学院」とのコラボレーションから生まれた10年間にわたる特別集中教育のノウハウが教育のベースです。その上に、グローバル・コミュニケーション学群として独自の学習環境を構築。短期集中で大きく伸ばすプログラムを用意しています。中国語未学習の「ゼロスタート」でも圧倒的な学習量と中国語漬けの毎日で実力を身につけ、さらに留学で磨いて、「仕事で使える水準」まで引き上げます。ココも注目!采采采采访访访采(インタビュー)062J. F. Oberlin University 2018

元のページ  ../index.html#72

このブックを見る