桜美林大学 大学案内2018
67/160

3つのポイント231さくらプラスこの学群をめざすみなさんへ「モノ」や「ヒト」だけではなく、あらゆる事柄のグローバル化が急速に進んでいます。まず、考えてほしいのは、みなさんは何に「グローバル」を感じるのかということ。そして、国境を越えてさまざまな問題が生まれている今、その解決に何が必要なのかを想像すること。グローバルって、なに?そんな目で世界を見る時、みなさんの身近にある「グローバル」が動きはじめます。全員が1学期間留学して実力を磨く。外国人とともに学ぶ。毎日が異文化交流。徹底した語学力強化とサポート体制。2年次秋学期または3年次春学期に実施する、1学期間の海外留学が「必須」です。語学研修に加え、地域社会の課題と向き合うサービスラーニング(英語圏留学)や起業プロジェクト(中国留学)を実施します。ディスカッションやプレゼンテーションなどを取り入れ能動的に学びます。グローバル・コミュニケーション学群に在籍する留学生をはじめ、交換留学生など多くの外国人と交流し、世界中に友人ができます。3年次以降は彼らとともに同じ教室で日本や世界の文化・社会について学ぶことができます(グローバル・スタディーズ)。つまり、グローバルセンスを磨き続けることができる環境です。語学漬けの約2年間、授業時間に対して倍の時間の授業外学習・自習時間が求められます。この約2年間は、語学力を飛躍的に伸ばすために最も重要な時間です。そのための学習スペースには、教員が待機。個別に、的確なサポートを行います。こうした環境のもと、自らの成長を日に日に実感でき、意欲も語学力も確実に高まります。J. F. Oberlin University 2018057リベラルアーツ学群グローバル・コミュニケーション学群ビジネスマネジメント学群健康福祉学群芸術文化学群

元のページ  ../index.html#67

このブックを見る