桜美林大学 大学案内2018
6/160

誰かのために学ぶということ。桜美林大学の創立者・清水安三が学園のモットーとして掲げた『学がくじじじん而事人~学びて人に事つかえる』。「自分のため」だけではなく、「誰かのため」に学ぶ大切さを重視しました。どんなことを学び、どんな行いをすれば人のためになるのか。あるいは、たくさんの人を支えるために、何を学ぶ必要があるのか。桜美林大学の教育は、課外活動やキャンパスライフにもそんな精神が息づいているのです。学びて人に事つかえる。あなたは誰のために、どんなことを学びますか?高校生のみなさんの中には、「勉強するのは、自分のため!」と思う人もいるでしょう。ところが桜美林大学では『学がくじじじん而事人』。戸惑う人もいるかもしれません。大切なのは、そんな「戸惑い」を無視しないこと。学群を問わず、桜美林大学では『学がくじじじん而事人』が求められます。それでは、「誰かのために学ぶ」とはどういうことなのか。自分なら、どういう「学び」になるのか。ぜひ、考えてみてください。さくらプラス004J. F. Oberlin University 2018

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る