桜美林大学 大学案内2018
31/160

Feature特 集桜美林大学で学ぶということ。SAKURANavigationライティング•サポートセンターは、外国語としての英語•日本語のライティング能力を向上させたい学生のサポートをするところです。チューターとの一対一のやりとりを通して、書く力を身につけます。レポート、プレゼンテーション原稿、学外でのコミュニケーションに関するものなど、さまざまなものについてアドバイスを受けることができます。 ライティング・サポートセンター学而館4階にELPの図書館「FLSC」があります。英語コアのレベルごとに分かれた英語の本を用意しています。FLSC毎年ELPでは英語プレゼンテーションコンテストを行っています。桜美林大学の学生全員に出場資格があります。コンテストの出場者はプレゼンテーションとその内容に関する質疑応答を行います。英語プレゼンテーションコンテストELPでは、年間を通じてさまざまなアカデミックトピックの英語レクチャーを開催しています。興味深い話題を学びながら英語の理解力も高めます。ELP Lecture Series外国語教育デパートメントLecture Serie使用言語:英語 (通Marcos BenevidesDaタか7月16日(火) A716 明々館17.5次回 2013年10月(秋学期)Archetypes in Popular Culture桜美林大学基盤教育院外国語教育デパトメントELP〒1940294東京都町田市常盤ポピュラーカルチャーの原型ハリーポッター、ルークスカイウオーカー、バラクオバマ。この3者の共通点とは何であろうか?このレクチャーでは、文学や映画などのポピュラーカルチャーに見られる登場人物の原型と、それが我々の暮らしに及ぼす影響について考える。1“”SYAプログラム(2年次留学)/JYAプログラム(3年次留学)リベラルアーツ学群・ビジネスマネジメント学群・芸術文化学群で実施(希望者)グローバル・コミュニケーション学群の学生は必修(アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・中国のいずれか)全学群の学生が参加できる短期プログラム(語学、国際協力、ビジネス研修など16か国・地域30種類のプログラム)グローバル人材育成奨学生対象のプログラム英語の4スキルに加え、学外検定試験対策やプレゼンテーションスキル、時事問題などを取り扱う授業を展開全学群1年生必修*の英語教育プログラム言語ごとにI~VI(言語によってI~IV)のレベルを設定日本人学生や留学生が企画運営(参加者は主に1・2年生)年間を通じた留学アドバイスを実施留学経験者や国際交流に興味・関心の高い学生が国際交流の企画や留学相談を実施*グローバル・コミュニケーション学群は、英語/中国語/日本語I・IIを履修します。英語力アップをさらにサポートグローバルな社会に必要な語学力と海外での豊富な経験を兼ね備えた人材を育成します。なお、英語 Passport Courseは、グローバル人材育成奨学金受給者対象のプログラムとなります。受講希望者は対象となる選抜を受験してください。 詳細は「入試ガイド2018」を確認ください。~徹底的に語学力を強化~1 授業は最大10人の少数精鋭クラス。同じ目的を持つレベルの高い学生と席を並べて学習2 大学2年次秋からの一年間の正規留学に参加できるように、1年次から集中学習で英語力強化。 正規留学に必要な英語能力試験対策も手厚くサポート3 留学先で英語での正規授業におけるノートテイク、課題の読み込み、大学生活に即適応できる実践的な教育を展開4 オンライン教材無償提供など授業外の学習もサポート5 留学後も英語力維持サポートにより英語を活かしたキャリア(就職・進学)が可能にSophomore Year Abroad(SYA)プログラム~海外提携校へ学部留学~海外提携校に1学年間の留学をします。2年次秋から主に英語を使って現地の学生と一緒に正規の科目を履修することが中心となります。学習だけではなく、他国の文化をより深く理解することでグローバル人材の育成をめざします。また、休学をすることなく留学ができ、単位認定により4年間の在学期間で卒業も可能です。*1さらに、留学先大学の授業料は免除*2されます。*1 桜美林大学の定める卒業要件を満たす必要があります。*2 桜美林大学の学納金は通常通りの納入が必要です。 英語 Passport CourseJ. F. Oberlin University 2018021

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る