桜美林大学 大学案内2018
20/160

Student大切なのは、夢中になること。 「やりたいこと」が、まったく見つかっていなかった入学当時の自分。せっかく大学生になったのだから、何か夢中になれるものを見つけたい!そんな思いで、1年次は英語関連の科目を中心に学び、2年次からは「テレビ放送の世界」や「ジャーナリストへの道」といったマスメディアに関する科目を選択。幅広い科目を履修できるリベラルアーツ学群で、2つの専門分野を行き来しながら自分のやりたいことを模索しました。そして3年次からは、メディア(ジャーナリズム)専攻をメジャーに、英語学・英文学専攻をマイナーに選択。2つの分野が交わる「日英におけるスポーツ報道の女性観の違い」を研究しています。現在はジャパンタイムスと読売新聞の報道を比較しながら、「女王」や「華麗」といった女子スポーツ特有の見出し表現を調査。スポーツ・ジャーナリズムの奥深さ、面白さに夢中になっています。今の私の夢は、大学での「学び」を活かし、メディアの世界で活躍すること。桜美林大学のリベラルアーツ学群だからこそ、見つけることができた夢だと思います。入学時に「やりたいこと」が決まっていなくても、興味・関心に応じて科目を選択できるのがリベラルアーツ学群の特長です。「何をどのように学ぶべきか」を学ぶことで、自分の進むべき道を探っていきます。さくらプラス1年次まずは将来役に立ちそうな科目を学ぼうと、英語に関する科目を中心に履修。「英語の意味」という授業をきっかけに、英語圏の文化や歴史に興味を持つようになりました。2年次ジャーナリズムにも興味を持ち、「テレビ放送の世界」や「広告コピー論」といった科目を履修。また、桜美林大学のミスコンテストにも参加し、学外のさまざまなイベントでPR活動を行いました。3年次2年次秋にメジャー・マイナーを選択。英語圏の文化とジャーナリズムという2つの視点から、女性スポーツ報道の比較・分析を行っています。リベラルアーツ学群ならではのアプローチです。4年次就職活動では、マスメディアを志望する予定。スポーツ報道をテーマにした卒業研究に取り組みながら、コミュニケーション学など他分野の授業にもチャレンジしたいと思っています。小泉 優奈リベラルアーツ学群4年メジャー:メディア(ジャーナリズム)専攻プログラムマイナー:英語学・英文学専攻プログラム北海道 札幌大谷高等学校出身指定校制推薦入学者選抜KOIZUMI Yuuna スタートは、「学び方」を学ぶこと。 010J. F. Oberlin University 2018

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る