桜美林大学 大学案内2018
157/160

やらなければいけないことがある。佐々木千隼が、決意を語った。荒ぶる闘争心を生み出すもの、それは、頑強とも言える使命感だ。 もちろん、幼い頃からプロ野球選手に憧れていました。けれども、自分がプロの選手になる、なれるとは本当に思っていませんでした。自分の3失点が敗因で甲子園出場を逃した高校3年生の時の夏。挫折を引きずって、野球をやめることも考えました。けれども、そんな自分を引き止め、野球を続けるよう一番熱心に勧誘してくれたのが桜美林大学の野球部だったわけです。入部当時の桜美林大学は、首都大学野球リーグの「2部で頑張っている大学」というイメージでしたね。キャプテンが交代し、チームとしてまとまりはじめて、1部に昇格したのが大学2年生の時。部員一人ひとりが次第に同じ方向を向くようになってきた。目標は「1部優勝」。めざすものがひとつになると、チームは生まれかわります。そして、自分も変わりたい、自分を変えようと思うようになりました。ウエイトトレーニングをしっかりこなして、それまではコンビニエンスストアの弁当なども無頓着に食べていましたが、栄養のバランスにも気をつけるようになりました。登板数が増え、チームメイトからエースとして認めてもらえるようになり、野球選手としても変わっていく実感がありました。それまでは、下級生がエラーをしたり、失点するたびにイライライライラ。いらだつ姿を露骨に見せたり。ところが、チーム全体に影響を与えるのがエースという存在だと気がつくようになりました。チームのために、エースとして何をすべきなのか。そんな考え方や振る舞いができるようになったと思います。そして、4年生になり、日米大学野球選手権大会「侍ジャパン」先発投手に。プロ野球選手としてやっていける自信というよりも、もっと果てしなく上のレベルで野球がしたい、そう本気で思うようになりました。野球部の勢いも加速して、あっという間に1部優勝。気がつくと明治神宮野球大会のピッチャーマウンドに立っていたという印象です。大学野球日本一を争う試合ですが、チーム全体が本当にのびのびと楽しそうにプレーしていました。リーグで優勝して、ドラフト会議があって、神宮の野球大会で戦って、立て続けに物事が進んで、今でも夢だったのでは、と疑うことがあります。プロ野球選手としての目標というより、やらなければいけないことがたくさんあります。都立高校出身で初のドラフト1位指名選手ということで、強豪校でも伝統校でもない学校の小さな野球部で頑張る後輩たちに希望を与えるプレーをしなくてはいけない。野球選手としての成長を支えてくれた桜美林大学の仲間たちに「新人王」という恩返しもしたい。そして、自分を選んでくれた球団の優勝と日本一奪取に貢献しなければいけない。とは言え、まずはプロ初勝利。自分の選んだ道をどこまで進んでいけるのか、今はまだスタートしたばかりです。1球に、思いを込めて。チームのために、後輩のために、仲間のために、応援してくれるみんなのために。J. F. Oberlin University 2018147

元のページ  ../index.html#157

このブックを見る