桜美林大学 大学案内2018
137/160

三谷 高康桜美林大学学長1950年大阪府生まれ。1976年同志社大学神学部を卒業。1980年イェール大学大学院修士課程を修了。1983年アンドヴァー・ニュートン神学大学院博士課程を修了。2006年に桜美林大学教授となり、2009年に宗務部長、2012年に第4代学長に就任し、2015年に再任。専門はキリスト教学。Profile世界を見つめ、 進化を続ける大学に。 2016年、創立50周年を迎えた桜美林大学。グローバル・コミュニケーション学群の新設を皮切りに、もっと進化します。各学群の大規模な改組や新しいキャンパスの開設、カリキュラムの見直し。まさに今が、改革のアクセルを踏むべきタイミングだと考えています。そして、その指針となるのはグローバル化のほかにありません。めまぐるしく変化するグローバル社会の中で、リーダーとして活躍する人材を輩出するには、桜美林大学も世界の方角を向いている必要があるからです。だから、これからは、日本ではなく、「世界の桜美林」として通用する大学をめざします。今、私たちは、「学がく而じ事じ人じん」の精神のもと、学生の能力は限りなく伸びると信じて教育を行っています。教員が妥協せず全力で教えるからこそ、学生も本気でぶつかることができる。このような学風を大切にしながら、「世界の桜美林」をつくりあげていきたい。そんな意欲を持ったみなさんに出会いたいと思っているのです。J. F. Oberlin University 2018127

元のページ  ../index.html#137

このブックを見る