桜美林大学 大学案内2018
136/160

佐藤 東洋士学校法人桜美林学園理事長・学園長1944年中国・北京生まれ。桜美林大学文学部卒業後、日本大学大学院文学研究科修了(文学修士)。桜美林大学助手、専任講師、助教授、教授を経て2014年より桜美林大学名誉教授。1993年から3年間の副学長職を経て、1996年に学長、2003年より理事長に就任。日本私立大学協会副会長、大学基準協会副会長、世界大学総長協会会長などを務める。Profile次の100年も、 「学がく而じ事じ人じん」の精神を。メッセージ この100年、世界は驚くような変化を遂げました。変化のスピードはますます加速し、昨日そこにあったものが、明日もあるとは限らない状況になっています。そんな中、桜美林学園はまもなく創立100周年を迎えようとしています。さまざまな物が生まれ消えていく大きな流れに耐えられる理由。それは、学園に「学がく而じ事じ人じん」の精神があるからにほかなりません。社会に出て人のために役立つ存在であれ、という教えは普遍のものなのです。たとえ、姿形や手段、方法が変わっても。ですから、私たちは「学がく而じ事じ人じん」の精神を守るためなら、どのような新しいことにも挑戦したいと思っています。そして、こういった精神に共感する人が集う学園でありたい。宗教や民族、国家や地域などの壁を越え、多様な人々と触れ合い、ともに学び、これからの社会で役立つ人を育てる学園に。次の世紀もそんな学園であり続けることが私たちの使命だと信じているのです。126J. F. Oberlin University 2018

元のページ  ../index.html#136

このブックを見る