桜美林大学 大学案内2018
132/160

HARA Shoma卒業生メッセージ [OB・OG Interview 4 ] 合図の笛を吹きながら、感動の涙がにじみました。私が担当する年長クラスにとっては最後の運動会。全員で挑戦するダンスの指導を任されましたが、隊形ごとの移動など、複雑な動きをおぼえるのは本当に難しく、何度も「運動会に間に合わないのでは?」と不安になりました。先輩のサポートも受けながら練習を重ね、迎えた当日。子どもたちは、1度きりの本番で最高の演技を見せてくれたのです。子どもの成長に驚き、「この仕事を選んで良かった」と心から思えた瞬間でした。年長クラスは、もうすぐ卒園。3年にわたり見守ってきた子どもたちを送り出すのは寂しいですが、また新たに出会える子どもたちと一緒に、私もまた成長し続けていきたいと思います。 子どもが成長する瞬間に立ち会える幸福な仕事。原 翔真 健康福祉学群保育専修2013年3月卒業学校法人織田学園おだ認定こども園 幼児部教員122J. F. Oberlin University 2018

元のページ  ../index.html#132

このブックを見る