桜美林大学 大学案内2018
120/160

ゼロから自分のキャリアを考え、就職活動につなげることができた。YOSHINO Hiroki学内に「私のこと」をわかってくれる人がいる。TAKAI Ayaka先輩からのメッセージ 1吉野 広輝リベラルアーツ学群ビジネスエコノミクス専攻プログラム2017年3月卒業東京都立日野高等学校出身AO入学者選抜実家は自営業をしています。さまざまな企業の経営を見てみたい。そんな思いがあって、就職活動のねらいを金融機関に絞りました。しかし、早々に計画を立てたにも関わらず、油断が生まれ、就職活動を始めたのは3年次の2月。あわててキャリア開発センターに飛び込み、エントリーシートや履歴書の書き方、面接試験の受け方をゼロから教わりました。また、たくさんの卒業生を紹介してもらえたので、実際の職場の雰囲気や採用試験対策も聞くことができました。就職活動を終えて気づいたのは、自分で思っていた以上に多くの人たちに支えられていたということ。これからの自分にとって大きな励みになります。多摩信用金庫 内定髙井 彩加芸術文化学群音楽専修2017年3月卒業福島県立湯本高等学校出身一般入学者選抜学内オーケストラのコンサートミストレスを務めていたこともあって、3月までヴァイオリンの練習と試験勉強に全力を費やしてしまいました。そのため、キャリアアドバイザーと面談をした時は自分の希望職種すらわからない状態。就職活動の基礎はもちろん、何より「私」という人間の適性を探りながらアドバイスを受けたいと思い、時間を見つけてはキャリア開発センターに相談に行きました。学生一人ひとりに担当のアドバイザーがつくため、対話を重ねながら、自分ならではの自己PRを作成していくことができました。就職活動を短期間に集中しても、満足のいく結果が得られたのは、この制度のおかげだと思っています。みずほ銀行 内定110J. F. Oberlin University 2018

元のページ  ../index.html#120

このブックを見る