東京工業大学 大学案内2019
8/60

早期卒業・短縮修了例標準的学びLEARNING ATTOKYO TECH夢を叶える東工大での学び方東工大では、「世界最高水準の研究の中で学生が自ら学び考える教育」を実践すべく、科学・技術の面白さや奥深さ、あるいは、科学・技術には社会を変える力があるのだ、ということを感じ取りながら、自ら学び考える力、創造力や表現力等、将来の夢に向かって必要な力を育むカリキュラムを用意しています。このカリキュラムにより、専門分野を究めることに加え、関連する分野やその社会的な背景や関連性も学修できます。そして、周囲と協調あるいは切磋琢磨しながら、リーダーとなる素養を持った大人に成長し、自信を持って社会・世界に羽ばたくことができます。■ クォーター制❶4月上旬~6月上旬❷6月中旬~8月上旬❸9月下旬~11月下旬❹12月上旬~2月上旬1年間を4つの期に分けて学修するクォーター制を採用しています。クォーター制は、海外留学やインターンシップに参加しやすい制度です。海外からも東工大に留学しやすいので、ますます留学生が増え、日本にいながら国際交流を体験できます。また、短い期間に集中して学び、学修効果が高まります。メリット03※学士課程から修士課程に進むには入学試験に、修士課程から博士後期課程に進むには進学の審査に合格する必要があります。意欲と能力のある優秀な学生は早期に次のステップに進みやすく、学生の興味・関心に基づく多様な選択や挑戦がしやすい、独自の教育カリキュラムです。メリット02学士専門科目学士専門科目教養科目▶詳しくはP32をご覧ください。▶詳しくはP32をご覧ください。教養科目学士課程1年目2年目3年目100番200番~300番100番200番~300番(1年目)(2年目~4年目)系自らの専門分野を学ぶための土台となる知識や、社会で必要となる教養や語学等、文理の教養科目を中心に幅広く学修します。専門分野の基礎学力と理工系学生としての教養を身に付け、海外経験や研究体験を積み、研究室で最先端の研究に挑戦します。学士課程・修士課程・博士後期課程を継続的に学修しやすい独自の教育カリキュラム■ 学修一貫・修博一貫教育さらに詳しい情報は、本学全学サイト内の「東工大教育の特徴」でご覧になれます。東工大HP TOP > 教育 > 東工大教育の特徴PICK UP東工大教育ポリシー東工大HP TOP > 東工大について > 東工大の方針 > 東工大の教育ポリシーPICK UP夏休み8月中旬~9月中旬06

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る