東京工業大学 大学案内2019
6/60

東工大は2030年までに、世界トップ10に入るリサーチユニバーシティを目指します。 東工大は、日本一の理工系総合大学として最先端の教育・研究を行ってきましたが、さらなる飛躍を目指してその教育内容を一新し、2016 年4月に学部と大学院を統合した「学院」による新たな教育体制をスタートしました。 入学初年度には、科学技術の素晴らしさや奥の深さを肌で感じることができる導入教育に加え、数学、物理学、化学、生命科学の基礎をしっかり勉強することで、どのような専門分野を選択していくかを自ら考えながら先へ進むことができます。また、リベラルアーツ研究教育院が中心となって進める教養科目も充実しています。理工系大学でありながら、初年度の「東工大立志プロジェクト」に始まり大学院まで一貫したリベラルアーツ教育に力を入れているのも本学の特徴です。 本学のカリキュラムは、世界のトップ大学のようにナンバリングされ系統立てて修得できるように編成されています。複数の理工系専門分野、あるいは、知的好奇心をかき立てる教養分野等から柔軟に履修することができ、自分の将来の姿を思い描きながら幅広い知識と能力を身につけることができます。 東工大は、2018年3月に文部科学省から「指定国立大学法人※」に指定されるなど、このような取り組みは高く評価されています。これからもさらに、学生本位の教育体系の進化と研究力の強化を通して世界のトップクラスのリサーチユニバーシティを目指します。 大学は高校までとは異なり自ら学び、自ら育つ場所です。私たちは、今後も魅力的な教育・研究で活気あふれる環境づくりに尽力していきますので、ぜひ一緒に、自由な発想と協調で科学技術が切り拓く明るい未来を創造していきましょう。※指定国立大学法人制度とは、日本の大学における教育研究水準の著しい向上とイノベーション創出を図るため、文部科学大臣が世界最高水準の教育研究活動の展開が相当程度見込まれる国立大学法人を指定国立大学法人として指定するものです。東工大の他、東京大学、京都大学、東北大学、名古屋大学が指定されています。東京工業大学 学長 益一哉Interview with the President04

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る