東京工業大学 大学案内2019
55/60

帰宅、夕食アルバイト終了起床授業開始研究終了、アルバイトへアルバイト開始塾講師としてアルバイトをしています。塾講師は短い時間でも稼げるため多くの東工大生が塾講師や家庭教師としてアルバイトをしています。就寝大学生になって以来、6時間は必ず寝るようにしています。自宅を出発学校まで遠いですが、電車の中の時間を有効活用しています。昼食お弁当を持参しています。月曜、木曜は交流スペースで外国人とお昼を食べます研究開始授業がある時は、研究の合間に授業に行きます。LOOK!!春は桜が、とてもきれいです。年中多くの方々が遊びに来ています。晴れた日はよくウッドデッキに座り、遊んでいる小さい子を見て癒されながらお弁当を食べています。お気に入りは「ウッドデッキ」森本さんの1週間のスケジュールMonTueWedThuFriSat1・2時限研究発表TOEFL対策セミナーアルバイト3・4時限セラミックス薄膜特論心理学セラミックス薄膜特論輪講5・6時限研究固体構造物性特論文系エッセンス研究研究買い物、ランチ、ディナーなど7・8時限研究修士キャリアデザイン9・10時限研究放課後アルバイトアルバイトアルバイト友人と過ごす※本学の1時限の長さは45分間です。多くの授業は2時限続けて(90分間)で行われます。FREE TIMEフィンランドでの派遣交換留学中には、留学仲間とサンタクロース村に滞在してサンタさんと記念撮影私は物理が好きで理学部にあたる1類に入学しました。しかし、理論を追及する理学部よりも、実践的なことを学べる工学部の方が良いと思い、物理寄りで環境・エネルギーも学べる2類の無機材料工学科に転類しました。1年次のうちに、自分の選択した学科が自分に合っているかを見極め、比較的容易に2年次に上がる時に学科を変更できるのは、東工大の魅力の一つだと思います。無機材料工学科に入ってからは、電子材料、ガラス、金属、エネルギー、環境など身近な材料や仕組みなどについて楽しく学びました。研究ではコンデンサとして使われている材料の酸素を窒素に置き換えることによって、新しい物質を作製し、電気的特性を向上することを目指して研究しています。東工大は優しい人が多く、先生方も熱くサポートして下さいます。他にも、国際的に活躍できる人材教育に力を入れているところが東工大の魅力です。リーダーシップ力を養成する授業や、ネイティブの先生による英語の授業が充実しています。留学生と接する機会も多く、交流する場も沢山設けられています。普段の放課後は、学校の課題やアルバイトをしています。試験が終わるまでは勉強を頑張りますが、長期休暇には、アルバイトで貯めたお金を使って国内海外問わず思いっきり旅行をしています。また、留学にも積極的に行っています。大学生になってから6か国での留学を経験し、旅行留学合わせて25か国に滞在しました。留学仲間とは、よく集まって飲み会を開きます。休みの日にもアルバイトをしていますが、空いた時間には高校の時の友達、中学の友達ともよく会ってお互いに近況報告をします。外国人と日本の観光をすることも多いです。森本 有香さん 物質理工学院 材料系 材料コース 修士1年(2017年度)(千葉県/県立船橋高等学校出身)海外留学やリーダーシップ養成等、東工大は魅力で溢れています。長期休暇中は積極的に海外へ!STUDENT VOICE53学生生活東工大ガールズ

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る