東京工業大学 大学案内2019
4/60

RESEARCH UNIVERSITYグッドデザイン賞も受賞した約80万冊を所蔵する調査・研究のための情報収集の拠点本学の学生・教職員の学習・研究を支えるため、理工学系分野を中心とした約80万冊の蔵書や資料を所蔵しています。文部科学省から外国雑誌センター館の指定を受けており、理工学系分野の外国雑誌については国内でも有数のコレクションを誇ります。大岡山本館は地上3階、地下2階建て。地下の2フロアが閲覧スペースです。図書館のシンボル的な存在である地上2・3階部分の三角形の建物は、自習やグループ学習のための学習棟。窓際にカウンター机が並べられ、眺めの良い、プライベートな空間が確保されています。附属図書館大岡山本館の地下空間に広がる閲覧スペース(上) 開放感のある学習棟2階は、人数に合わせて自由に机や椅子を組み替えられるので、友達と相談しながらの学習やグループ課題の話し合い等に最適です(下左) 右下の写真はすずかけ台分館世界屈指の卓越した研究とそれを支える環境建学の精神である「ものつくり」から生命科学まで、幅広い分野で研究成果を生み出している東工大では、「2030年に世界トップ10のリサーチユニバーシティへ」を目標に、研究のさらなる質の向上に取り組んでいます。東工大の強みSpecial Feature02

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る