東京大学 大学案内2017
75/76

THE UNIVERSITY OF TOKYO 201773Q&A学生生活についてQ.住まいを紹介をしてほしい。 アパート・貸間の紹介は、東大生協が扱っています。例年、新入生のために、合格発表日から駒場コミュニケーションプラザ内駒場生協食堂において「住まい探し相談会」を開催しています。事前に住まい探しに関わる資料を送付するサービス(無料)も行っています。連絡先は下記のとおりです。▶新入生応援サイト http://www.utcoop.or.jp/start/▶東大生協組合員センター【電話】 03-3814-1543Q.入学にかかる費用はどのくらいですか、また一人暮らしの費用はどのくらいですか? 入学料として282,000円、授業料(年額)として535,800円かかります。どちらも平成28年度の金額です。 学生生活実態調査(2014年)によれば、44.1%の学生が自宅外で暮らしており、単身者の生活費は月平均で132,900円となっています。Q.在学中にインターンシップをすることはできますか? 東京大学では、積極的にインターンシップを推進しています。各学部の窓口、キャリアサポート室(45ページ参照)等に情報を蓄積していますので、それらを参照してください。また、学部や学科によっては、独自のインターンシップ制度を行っているところもあります。Q.課外活動にはどのようなものがありますか? 東京大学では、学生が多彩な課外活動を展開しています。部活動については、東京大学運動会ホームページを参照してください。http://www.undou-kai.com/ サークル活動については、Webサイトにリスト(平成27年3月末現在、107団体)が掲載されています。しかし、これら以外にも多くの団体が活動しています。http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/h09_01_ j.htmlQ.奨学金や授業料免除について知りたい。 43ページを参照してください。代表的な奨学金である日本学生支援機構の奨学生の募集は、毎年春に行われます。学内掲示等で周知しますので、見落としのないようにしてください。 大学入学前に申し込める予約奨学生制度もあります。詳細は、在籍/卒業高校や日本学生支援機構にお問い合わせください。 東京大学の行う授業料免除については、44ページ、Webサイトを参照してください。http://www.u-tokyo.ac.jp/stu02/h01_02_ j.htmlQ.東京大学では、「世帯の年収がおよそ400万円以下の学生に対して、授業料免除を行っている」ということを聞きましたが、本当でしょうか? 本当です。平成20年度から、これまでの制度に加えて、学部学生(留学生を除く)で世帯の総所得金額が218万円以下(給与収入のみの場合は400万円以下)の方は授業料の全額が免除となる制度を行っています。詳しくは44ページやWebサイトを参照してください。http://www.u-tokyo.ac.jp/stu02/h01_02_ j.html企画・編集担当副学長委 員 長委   員発   行制 作 協 力印   刷東京大学『大学案内』編集委員会南風原 朝和理学系研究科 教授 長谷川 修司人文社会系研究科 教授 丸井 浩人文社会系研究科 教授 中村 雄祐総合文化研究科 教授 西中村 浩総合文化研究科 教授 寺田 寅彦工学系研究科 教授 藤井 康正農学生命科学系研究科 教授 宮下 直情報理工学系研究科 准教授 稲葉 真理〒113-8654 東京都文京区本郷7丁目3番1号 東京大学入試事務室 TEL.03-5841-1222株式会社梁プランニング図書印刷株式会社2016年7月11日発行Q.東京大学は女子学生が少ないのですか? 現在、東京大学で学ぶ女子学生は、学部生2,664名、大学院生3,344名で学生全体の約23%です。東京大学では、もっと沢山の女子高校生に入学してもらえるよう、いろいろな取組みを行っています。例えば、オープンキャンパスでは女子高校生と在学女子学生との交流会を開催していますし、2006年12月には女子高校生を対象とした大学説明会をスタートさせ、今年は秋頃に開催する予定です。学部単位でも、女子高校生向けの体験授業等を開催しています。 就職や進学といった場面では、OGの団体や現役学生のサークルも女子学生を応援しています。 これらの機会を積極的に利用してください。就職についてQ.学部卒業後の主な就職先について知りたい。 56~57ページに掲載してあります。さらに詳しく知りたい場合は、学科・専修・コースといった単位で卒業生の就職先を公表しているところもありますので、Webサイト、パンフレット等で調べてみてください。Q.卒業生と知り合うチャンスはありますか? あります。大規模なものですと、キャリアサポート室による学生と卒業生との交流イベント「知の創造的摩擦プロジェクト」や、企業・官庁に勤める卒業生を招いての「卒業生による業界研究会」などが掲げられます。また、学部によっては、就職活動サポート行事の一環として、卒業生を招いて学生と話し合ってもらうイベントを実施しているところもあります。 就職活動にあたり、卒業生訪問は役に立ちます。訪問のための手がかりとなる情報は、キャリアサポート室窓口で閲覧できます。http://careersupport.adm.u-tokyo.ac.jp/Q.東京大学の学生は、アルバイトをしていますか、また大学でアルバイトの紹介を受けることができますか? 学生生活実態調査(2014年)によれば、78.5%の学生がアルバイトをしています。また、アルバイトをする主な理由は、生活費を稼ぐためだけではなく、「学生生活を楽しむため」であり「社会経験のため」と答えています。 東京大学では、家庭教師・塾講師・一般アルバイトなど、大学生にとって好ましいと判断されるアルバイトを紹介しています。駒場キャンパスでは学生支援課窓口で、本郷キャンパスではWebサイト「東京大学アルバイト紹介情報ネットワーク」で紹介を受けることができます。

元のページ 

page 75

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です