東京大学 大学案内2017
71/76

平成29年度推薦入試の概要教  科国  語『国語』必須科  目 科目選択の方法地理歴史「世界史B」「日本史B」「地 理 B」左の4科目のうちから2科目を選択理  科「物理基礎」(「物理」)「化学基礎」(「化学」)「生物基礎」(「生物」)「地学基礎」(「地学」)数  学『数学Ⅰ・数学A』必須『数学Ⅱ・数学B』『簿記・会計』『情報関係基礎』公  民『倫理、政治・経済』■法学部、経済学部、文学部、教育学部、教養学部(5教科8科目又は6教科8科目)(5教科7科目)■工学部、理学部、農学部、薬学部、医学部、教育学部、教養学部● 法学部 ………………● 文学部 ………………● 教養学部 ……………● 理学部 ………………● 薬学部 ………………● 医学部 ………………10人程度10人程度5人程度10人程度5人程度5人程度(うち、医学科3人程度、健康総合科学科2人程度) 学校長の推薦で、各校より男女各1人、合計2人まで(男女いずれかのみが在籍する学校は1人)が出願できます。推薦要件は各学部ごとに異なります。 推薦要件に合致することを具体的に証明する書類として、例えば以下のようなものを求めます。 合否判定は、出願書類の内容、面接等の審査結果および大学入試センター試験(受験を要する教科・科目については下段の文章を参照)の成績を総合的に評価して行います。 大学入試センター試験は、入学後の学修を円滑に行い得る基礎学力を有しているかどうかを判断する観点から、概ね8割(720点、ただし医学部医学科については780点)以上の得点であることを目安とします。 推薦入試で入学した学生が本学、ひいてはグローバル社会の活力の源として活躍することを期待しています。 文科一類・文科二類・文科三類・理科一類・理科二類・理科三類の6つの科類のうち、志望学部が指定する科類に分かれ、教養学部に所属して前期課程の学修を行います。 前期課程では、志望分野に対する関心や学ぶ意欲にきめ細かく答えることが可能となるよう、早期に専門教育に触れる機会の提供や、教員から個別に助言、支援を受けられる学修環境が用意されます。在学中に執筆・発表した論文や「総合的な学習の時間」による成果など各種科学オリンピックにおける成績など外国語 語学力証明TOEFL・英検・IELTS TestDaf・ DELF・DALF・HSKなど留学経験、国際通用性のある入学資格試験の成績国際バカロレア・SATなど※その他、社会貢献、芸術・文化・スポーツなどでの意欲的な活動など入学者選抜方法募集人員(合計100人程度)入学後の学修推薦要件● 経済学部 ……………● 教育学部 ……………● 工学部 ………………● 農学部 ………………10人程度5人程度30人程度10人程度大学入試センター試験の受験を要する教科・科目(東京大学推薦入試webサイト:http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/e01_26_j.html)平成29年度実施 推薦入試左の3科目のうちから1科目を選択 ただし、『簿記・会計』、『情報関係基礎』を選択できる者は、高等学校又は中等教育学校においてこれらの科目を履修した(見込み)者だけです。左の基礎を付した4科目のうちから2科目を選択 ただし、「基礎を付していない科目」を2科目選択した場合には、「基礎を付した科目」を選択したものとみなします。外 国 語『英語』『ドイツ語』『フランス語』『中国語』『韓国語』左の5科目のうちから1科目を選択なお、『英語』についてはリスニングの成績を含むものとし、筆記(200点満点)とリスニング(50点満点)の合計得点(250点満点)を200点満点に換算して利用します。教  科国  語『国語』必須科  目科目選択の方法地理歴史「世界史B」「日本史B」「地 理 B」理  科「物理」「化学」「生物」「地学」数  学『数学Ⅰ・数学A』必須『数学Ⅱ・数学B』『簿記・会計』『情報関係基礎』公  民『倫理、政治・経済』左の3科目のうちから1科目を選択 ただし、『簿記・会計』、『情報関係基礎』を選択できる者は、高等学校又は中等教育学校においてこれらの科目を履修した(見込み)者だけです。左の4科目のうちから1科目を選択なお、地理歴史及び公民の試験時間において2科目を受験した場合には、第1解答科目の成績を合否判定に利用します。左の4科目うちから2科目を選択 外 国 語『英語』『ドイツ語』『フランス語』『中国語』『韓国語』左の5科目のうちから1科目を選択なお、『英語』についてはリスニングの成績を含むものとし、筆記(200点満点)とリスニング(50点満点)の合計得点(250点満点)を200点満点に換算して利用します。入学者選抜要項、募集要項の公表出願受付書類審査第1次選考合格者の発表面接等実施大学入試センター試験最終合格者発表7月下旬        11月上旬      11月中旬  12月初旬12月中旬 1月2月上旬H28年H29年推薦入試のながれ東京大学の推薦入試は、学部学生の多様性を促進し、それによって学部教育の更なる活性化を図ることに主眼を置いて実施します。実施に当たっては、日本の中等教育における先進的取組を積極的に評価し、高等学校等の生徒の潜在的多様性を掘り起こすという観点から、日本の高等学校等との連携を重視します。THE UNIVERSITY OF TOKYO 201769入試情報

元のページ 

page 71

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です