東京大学 大学案内2018
70/76

一般入試合格者の声澁谷 恒平高校時代は野球部で活動をしていたので、イチローさんのような自分なりの哲学をもっている人に尊敬の念を感じます。大学受験期に自分を見つめ直すなかで読んだ本に触発をされ、将来は起業をしたいと思うようになりました。東大では幅広く学び経済学部へ進んで経営を勉強したいです。(文科二類)有徳 美乃里中学高校時代はオーケストラでビオラを演奏しており、文化部のインターハイとも呼ばれる全国高等学校総合文化祭で賞をとることができました。東大では社会科学系の学科へ進みたいです。これから自分が社会に出て働く上で、女性であることを気にせざるを得ない状況を変えていけたらと思います。(文科三類)横山 果南前期課程で幅広い教養を身に付けたいと思い東大を志望しました。将来は世界中の子供に質の高い教育を届けたいという夢があるので、教育に関する学部学科に進みたいです。生徒が教室で主体的に参加できる教育を通じて、子供たちも輝けるような社会を作っていきたいです。(文科三類)丹司 尊宇宙に興味があり、宇宙飛行士でなくても一般の人でも宇宙に行けるように宇宙工学の研究をしたいと思っています。高校時代には水泳部やライフセイバーのボランティアなどの経験もしましたが、東大ではさらに経験を増やし、新しいことにチャレンジをして知識を身に付けた大人になりたいです。(理科一類)根岸 姫梨高校時代は陸上部で短距離走に励んでいました。女子校だったので、部長として部をまとめるのは受験勉強と同じくらいの努力をしたと思います。東大では心理学科に進んで、勉強をしながら自分の夢を具体的にしていきたいです。将来は自分のことに責任をもち、何事もこなせる大人になりたいです。(文科三類)大宮 凱愛知県から上京して4月から一人暮らしをはじめ、今まで支えてくれた両親への感謝を感じています。将来の夢は外交官になること、曲がったことはしない大人になりたいです。一人ひとりがのびのびと穏やかに暮らせる、より良く生きることができる世の中になって欲しいと思います。(文科一類)将来の夢がAI開発者か理系弁護士になることなので、東京大学では電子情報学科へ進んでAIや情報系の知識を学んでいきたいです。脳と機械がよりつながっていくことで、AIは人間に変わる役割を担っていくことができます。人間のまだ生かしきれていない潜在能力がもっと引き出されるような、人類の新しい力を発揮できる世界を作りたいです。(理科一類)東大では文学部へ進んで社会学を学びたいと思っています。将来像はまだ固まっていませんが、私の父のように海外で働いてみたいです。女性として子育てと仕事の両立ができる社会が理想なので、家庭と仕事が両立できるよう、自分の立場に責任を持ち、肩書きがなくても評価してもらえる大人になりたいです。(文科三類)高校時代は東大の受験勉強以外にも独学で勉強し気象予報士の資格をとりました。気象の変化が人間の身体にどんな影響を及ぼすのかが解明され、天気予報で健康状態を予め知ることができれば病気の予防にもなるのではないでしょうか。将来は医師か研究者になって、資格をいかし、気象と人の健康を関連づけたような研究ができればと思っています。(理科三類)こども時代を幸せにすごせる社会、こどもに優しい世界になってほしいと思うので、将来は教育系の仕事に携わりたいです。小・中・高と担任だった先生方を尊敬しています。私も一度は教職に就いて、こどもたちから目指したいと思ってもらえる大人になりたいです。(文科三類)井伊 祐太朗早崎 梨花齋藤 航貴山下 萌莉THE UNIVERSITY OF TOKYO 201868

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る