東京大学 大学案内2017
41/76

THE UNIVERSITY OF TOKYO 201739社会科学研究所社会科学の総合知の創出 「全所的プロジェクト研究」として、法学・政治学・経済学・社会学などの社会科学の諸分野を組み合わせ、世界をリードする共同研究を実施しています。2015年度から「危機対応の社会科学」を立ちあげ、社会に発生するさまざまな危機について、そのメカニズムと対応策を社会科学の観点から考察するという新たな研究領域を拓いています。附属社会調査・データアーカイブ研究センターでは、精密な社会調査を実施するとともに、調査データを保存・公開するデータアーカイブを運営しています。また、社会科学的日本研究の英文専門誌Social Science Japan Journal(オックスフォード大学出版局刊行)を編集するなど、世界各地の日本研究機関・日本研究者のネットワークのハブとしての役割を果たしています。■ 研究部門:比較現代法部門/比較現代政治部門/比較現代経済部門/比較現代社会部門/国際日本社会部門■ 研究所附属研究施設:社会調査・データアーカイブ研究センター全所的プロジェクトの研究成果社会科学研究所 建物史料編纂所日本史の基幹史料を出版し歴史情報の拠点をめざす 史料編纂所は、8世紀~19世紀中葉、時代でいえば奈良時代から明治維新期に至る「前近代」の日本史史料に関する研究所です。歴史研究の素材である史料は、国内に限らず海外にも豊富に残され、伝えられています。本研究所は、これらを集め、解読・分析し、日本史研究の基幹となる史料集を編纂・出版しています。この事業は100年以上の歴史を誇るもので、現在までに1000冊を超える史料集を、広く学界や社会に提供してきました。また、収集した史料を図書室で閲覧者に公開しているほか、多彩なデータベースを構築し、ウェブサイトから発信しており、日本史研究の情報拠点となっています。■ 研究部門:古代史料部門/中世史料部門/近世史料部門/古文書・古記録部門/特殊史料部門■ 研究所附属研究施設:画像史料解析センター/前近代日本史情報国際センター明治34年刊行の「大日本史料」(第六編・第十二編)「大日本古文書」(編年文書)複本がずらりと並ぶ図書閲覧スペース分子細胞生物学研究所生命とはなにか 私たちは、1つの受精卵から発生して、文化を持つ人として、社会生活を営む存在となります。人は2万あまりの遺伝子しか持っていないのに、どうしてこのような事が可能になるのでしょうか。本研究所では、さまざまな実験系を用いて遺伝子や蛋白質等を調べ、生物が作られ、生命活動を営む仕組みを研究しています。そのテーマは蛋白質の立体構造の解明、染色体やRNAの働き、細胞の形成・増殖、器官・臓器のできる仕組み、脳の機能のような基礎研究から、癌の仕組み、治療薬のデザインなど医療に直ぐ結びつく研究まで多岐にわたり、多くの大学院生を含む若い研究者が日夜研究に励んでいます。■ 研究部門:基幹部門■ 研究所附属研究施設:エピゲノム疾患研究センター/高難度蛋白質立体構造解析センターショウジョウバエの脳における匂いを識別する神経群細胞が分裂するときに、染色体(青)の動原体(赤)が細胞の両極からのスピンドル微小管(緑)に捕らえられた様子。このあと、 染色体は両極へ分配される附置研究所・全学センター・国際高等研究所生産技術研究所国際総合工学研究所として、知を創造し、価値を創造し、人を育む 生産技術研究所(生研)は、約160名の主宰教員(客員、特任、兼務兼任教員を含む)を擁する国際総合工学研究所として、「ものつくり」や社会で生起するさまざまな課題にかかわる学術を開拓しています。その研究領域は、宇宙・地球スケールから量子スケールまでに及び、人工物のみならず、生体や環境を対象にした研究まで幅広く展開しています。異分野連携・産学連携が盛んに行われ、世界最先端の研究拠点がいくつも形成されています。生研で学ぶ約650名の大学院生は、旧来の分野にとらわれない自由な研究環境に日々接しており、グローバルな視野をもったタフな研究者や高度技術者の卵として日々成長しています。■ 研究部門:基礎系部門/機械・生体系部門/情報・エレクトロニクス系部門/物質・環境系部門/人間・社会系部門/大規模複雑システムマネジメント部門/高次協調モデリング客員部門/先端エネルギー変換工学寄付研究部門/非鉄金属資源循環工学寄付研究部門/ニコンイメージングサイエンス寄付研究部門/建物におけるエネルギー・デマンドの能動・包括制御技術社会連携研究部門/炎症・免疫制御学社会連携研究部門/未来の複雑社会システムのための数理工学社会連携研究部門/未来ロボット基盤技術社会連携研究部門■ 研究所附属研究施設:千葉実験所/マイクロナノ学際研究センター/持続型エネルギー・材料統合研究センター/都市基盤安全工学国際研究センター/光電子融合研究センター/ソシオグローバル情報工学研究センター/革新的シミュレーション研究センター/エネルギー工学連携研究センター/次世代モビリティ研究センター/統合バイオメディカルシステム国際研究センター/海中観測実装工学研究センター生産技術研究所 駒場Ⅱキャンパス張力型空間構造モデルドーム ホワイトライノ■ 連携研究センター:ナノエレクトロニクス連携研究センター/バイオナノ融合プロセス連携研究センター/最先端数理モデル連携研究センター/先進ものづくりシステム連携研究センター/ソーシャルビッグデータICT連携研究センター■ 国際連携研究センター:LIMMS/CNRS-IIS (UMI 2820) 国際連携研究センター/東京大学Max Planck統合炎症学国際連携研究センター

元のページ 

page 41

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です