東京大学 大学案内2017
29/76

 理学部では、10ある学科がそれぞれの分野に応じた教育を行っています。 地球惑星環境学科と生物学科は、自然界の現場に身を置きアクティブに学ぶフィールドワークに力を入れています。 地球惑星環境学科は、地球や惑星の表面で起こる現象を「環境」という側面からとらえます。複雑に相互作用する大気、海、生命や地球そのもののシステムを解明することが目標です。岩石や鉱物、地質や化石などについては、1週間程度のフィールドワークを、国内はもとより、オーストラリア、韓国など海外でも行っています。また採取した試料の化学的・生物学的な分析も行っています。 生物学科は、地球に生命が誕生してから40億年の間に進化した多様な生物の、生命活動や進化の法則の理解を目標にしています。植物、動物、人類学の全分野で直接、生物に接する機会を大切にしており、附属植物園や屋久島での分類学、附属臨海実験所での海洋生物の実験、北海道での遺跡発掘や長野県での霊長類の行動観察等の野外実習を行っています。 理学部の多くの学科が、実験を重視しています。プログラミングや並列分散コンピューティングの分野がある情報科学科は、演習のほか、コンピュータの動作原理を理解するための実験を行います。物理学科は、素粒子・宇宙・物性物理学など幅広い分野を網羅し、理論から実験まで研究手法も様々ですが、基礎的な実験はすべての分野で重要です。地球惑星物理学科は、物理学を軸にして惑星や地球、大気海洋や地震などの固体地球を研究します。理論と実験・実習を密接に関連させながら進めていきます。すべての物質を分子レベルでみる化学科は、実験をもっとも重視する学科のひとつです。3年次の午後は、主に実験に取り組みます。生物化学科は、生命現象を分子レベルで理解することを目標にし、やはり3年次の午後に実験が多くあります。アクティブに学ぶ講義スタイル目で見て体感する講義スタイル学びの特長● 細胞情報学生物学科● 生物科学共通実習● 人類生物学実習● 動物学臨海実習● 植物科学臨海実習● 植物科学野外実習● 分子生物学● 細胞生物学● 遺伝学● 分子進化学● 動物生理学● 植物生理学● 動物発生学● 植物発生学● 人類遺伝学● 集団生物学● 生態学● 系統進化学生物情報科学科● システム生物学● 生物情報 ソフトウェア論Ⅰ・Ⅱ● 情報科学実験● 生命科学基礎実験フィールドワーク実験生物学科4年次には、沖縄・西表島での野外実習(植物学)も開かれる化学の実験の様子。様々な合成を行う実験ではゴーグルなどをつけ安全に注意している 自ら問題を解く、データをとる演習・観測も理学の基礎的な力を養う重要な学びのスタイルです。特に数学科は、演習がカリキュラムの根幹に位置付けられています。紀元前からの長い歴史をもつ数学は、自ら進化すると同時に様々な現象を定式化することで幅広い汎用性をもっています。演習では問題を解いて説明・議論を行い、力をつけていきます。天文学科は、恒星や銀河、そして宇宙の仕組みを追究する学問です。演習では望遠鏡を用いて観測データをとり、コンピュータを用いて解析をします。一学年10名程度の少人数ならではのきめ細かい指導がされます。生物情報科学科は、実験を行い膨大なデータを扱うので、生物学と情報学の両者をマスターする必要があります。急速に進歩を遂げている分野で、これから学生になる方が分野を確立していく、そうした熱気のある分野です。自分で解く講義スタイル演習・観測天文学では観測からデータ解析までを行う 研究においても社会に出て活躍するにも、若いうちから海外経験を積むことは非常に重要です。理学部では、文部科学省の大学の世界展開力強化事業に採択された「自然科学と社会基盤学の連携による日露学生交流プログラム」の一環として2014年度よりロシアのモスクワ大学とサンクトペテルブルク大学への学生派遣が開始されました。また、2015年度からは理学部学生国際派遣プログラム(Study and Visit Abroad Program – SVAP)により年間最大10名の選抜された学部学生が本人の希望する海外の大学や研究機関に派遣され、研究インターシップやサマースクールに参加しています。 このようにさまざまな海外派遣の機会が用意されているだけでなく、理学部には常日頃から多くの留学生や海外の研究者が滞在していますので、日本にいながらにして国際性が磨かれます。海外大学に所属する学部学生を対象とした6週間のサマーインターンシッププログラムUTRIP(University of Tokyo Research Internship Program)では、世界各国から来日する外国人学生との交流がはかられています。さらに2014年度10月からは、海外からの編入学生を受け入れる英語コースGlobal Science Courseが発足しました。理学部の国際的教育拠点としての役割はますます拡大しています。世界とつながるサマーインターンシッププログラムUTRIPで来日した学生たち後期課程 理学部THE UNIVERSITY OF TOKYO 201727

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です