東京大学 大学案内2018
16/76

● 憲法 ● 民法● 刑法● 商法● 民事訴訟法● 刑事訴訟法● 行政法 ● 国際法 ● 国際私法● 労働法 ● 租税法● 経済法● 知的財産法● 社会保障法● 消費者法● アジア・ビジネス法● 国際ビジネス法● 民法基礎演習 ● 国法学● 法哲学● 法社会学● 法と経済学 ● 日本法制史● 日本近代法史● 西洋法制史● 東洋法制史● 比較法原論● 英米法 ● フランス法● ドイツ法 ● ローマ法● 中国法 ● ロシア・旧ソ連法● イスラーム法● 政治学● 日本政治● 日本政治外交史● ヨーロッパ政治史● 現代政治理論 ● 行政学 ● 国際政治● 国際政治史 ● 比較政治 ● 政治学史● 日本政治思想史● アメリカ政治外交史● アジア政治外交史● 経済学基礎 ● 会計学● 労働経済 ● 財政学● 金融論 ● 国際経済論● 生産システム● 統計学● 演習● リサーチペイパー開講科目一覧法律家の養成のための学部というイメージがあるかもしれませんが、法律家を養成するためだけに存在する訳ではなく、本学部の卒業生の進路は多様です。法学・政治学は、法・政治自体に関する批判的な検討を行う学問として、法律家を目指す学生にも、そうでない学生にも意味を持ちます。現在の日本で通用している法の解釈のみをひたすら学習させるようなことは、本学部の教育のめざすところではありません。 法学部では、このような理念に対応して、法・政治に関わる基礎的な問題を考察する科目から現代の最先端の問題を考察する科目まで多様な科目が展開されています。学生は、中核的な科目については、必ず体系的に履修しなければなりませんが、それ以外は、多彩に用意された科目から自由に選択し、自分の力を伸ばしていくことが期待されています。 この理念を支えるものの一つとして、法学・政治学の専門図書館としては世界屈指のコレクションを有する図書室を挙げておかなければならないでしょう。蔵書数は80万冊近くにのぼり、その過半数は洋書です。膨大な蔵書を前にしたとき、学問の歴史と奥深さを感ぜずにはいられません。 法学部の起源は、1872年(明治5年)7月司法省設置の「法学校」と、1873年(明治6年)4月文部省設置の「開成学校法学科」に求められます。以後、今日まで一貫して日本における法学・政治学研究の中心として機能し、そのことに裏打ちされた高度の教育によって、外国人を含む多数の優れた人材を育成し、司法・行政・政治・経済・言論報道、そして学問等の各界に卒業生を送り出してきました。卒業生は6万人を超えています。 法学部では、法学だけでなく、それと政治学とが対をなすものとして研究され、教育されています。それは、近代社会においては、法と政治は、ともに不可欠であるだけでなく、政治が法を定め、実現し、そして、法が政治を形づくり、導くという意味で、両者は、相互に支えあう関係にあって、分かちがたく結びついているからです。 法学部では、司法・行政・立法という、巨大にして複雑な、そして人々の生活・人生・生命に直接かかわる重大な現象を、多種多様な角度から学びます。そして、学生は、法的思考や政治学的識見の基礎を、自らの物とすることが期待されています。法学部というと、幅広い視野を持ち、法的思考と政治学的識見の基礎を身に付けた人材を社会に送り出すための教育と研究を行っています法学部Faculty of Law後期課程前期課程の科類との基本的対応関係 文科一類● 第1類(法学総合コース)● 第2類 (法律プロフェッション・コース)● 第3類(政治コース)http://www.j.u-tokyo.ac.jp/THE UNIVERSITY OF TOKYO 201814THE UNIVERSITY OF TOKYO 201814

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る