東京大学 大学案内2017
12/76

学びのシステム三つの基礎力の鍛錬 前期課程教育では、特定の専門分野に偏らない視野と総合的な判断力を養うリベラルアーツ教育を効果的に実践し、「自ら原理に立ち戻って考える力」、「考え続ける忍耐力」、「自ら新しいアイディアや発想を生む力」という三つの基礎力を鍛えるために、多様な授業科目が提供されています。その授業科目は、一つの学問領域を深く掘り下げるものから、複数の領域に越境することで新しい見地を切り拓くものまで、実にさまざまです。これらの授業科目は基礎科目、展開科目、総合科目、主題科目から構成されています。 東京大学では、すべての学生が、教養学部前期課程の6つの科類(文科一、二、三類、理科一、二、三類)に分かれて入学しますが、この科類に応じて基礎科目は定められています。この基礎科目は、広範な専門分野選択において通用する基礎的な知識・技能・方法を修得することを目的とします。展開科目は基礎科目での学びをさらに自ら主体的に展開させるための素地となる能力を涵養し、専門的学びへの積極的動機づけをはかります。総合科目は、現代において共有すべき知の基本的枠組みを多様な角度・視点から修得して、総合的な判断力や柔軟な理解力を養うための授業群です。高度な研究・教育を教養教育に還元するために先端的なトピックが扱われ、学問の多様性と奥行きを理解することができるようになっています。そして、主題科目は、研究所を含む全学の多種多様な専門分野の教員が、領域横断的、萌芽的、先端的テーマや時宜を得たトピックを設定し、学生の主体的関心にもとづく参加を求めることで、多様な専門分野と学問的アプローチ、最先端の知に接する機会を提供します。 一般入試による入学者は、前期課程で得た広範な分野の知見と学びの基礎力をもとに、後期課程における自分の進むべき専門分野の学部・学科等を主体的に選択します。前期課程各科類から後期課程各学部への進学先はおよそ11ページの図のようなものです。また、各学部には指定科類以外のどの科類からもそれぞれ一定数の進学を許している「全科類枠」もあります。例えば、理科各類から経済学部や文学部に進学することも可能です。 推薦入試による入学者は、入学後は教養学部前期課程の6つの科類のうちいずれかに所属することになりますが、前期課程修了後は出願時に志望した学部等へ進学します。 東京大学は、学問の発達や社会の変化に応じて、多様な学修と進路の選択が可能になるように、できるだけ柔軟な学びのシステムを構築するよう努力しています。このような学びの環境から、他者理解と自己相対化の力が育まれ、世界的な視野で「多様性を活力とする協働」を牽引する、世界最高の学びの場が生まれているのです。前期課程教育と進学選択制度(前期課程教育と進学選択制度)自ら原理に立ち戻って考える力132考え続ける忍耐力自ら新しいアイディアや発想を生む力世界最高の学びの場学生の主体的な学びを促し、世界の舞台で活躍する力を涵養東京大学のすべての学生が最初の2年間を過ごす教養学部前期課程では、リベラルアーツ教育を重視した教養教育が幅広い知の世界を提供しています。ここで学生は学問の基礎と学びの技法を着実に自分のものにするとともに、さまざまな学問分野の最先端の研究に接することができるのです。知の興奮と喜びを体験し、それらを糧として自ら意欲をもって自己を大きく成長させる主体的な学びへと進んでいくことができます。このような学びの環境から、世界の舞台で多様な知恵を出し合い、連携協力の精神のもとに行動をおこすことのできる人材が育つことを期待しています。THE UNIVERSITY OF TOKYO 201710

元のページ 

page 12

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です