杉野服飾大学 大学案内2020
73/96

ファッション販売演習 Ⅱ社会貢献プログラム特別アワーディスプレイやプレゼンテーション技術などを学び、販売模擬演習(ロールプレイング)を行い、FA(ファッションアドバイザー)としてのスキルを磨きます。地域社会をフィールドに、チームごとに考え行動する、学生主体のプログラム。身近な地域との交流を通じてコミュニケーション能力や問題解決力などを養います。アパレル関連企業の方や卒業生による特別講義、展示会・展覧会の見学のほか、社会見学など学内の授業とは別の視点からファッションを学びます。ファッション産業論ファッション史コスチューム論インターンシップショップディスプレイ日本服飾文化史マーチャンダイジング論ファッション産業のしくみやビジネスの変遷と現状を解説します。時代のトレンドを捉える能力を養います。有史以来の民族、地域、宗教との関連性、近代以降の芸術やデザイン運動との関連性などを踏まえながら、ファッションの歴史を多様な文化の歴史とともに学びます。現実世界から架空世界へと導く舞台や映画などに見られるコスチュームデザインについて、ストーリー展開とともにその意図や意味、役割について理解していきます。専門分野に関連する実務を企業で体験・実習。アパレル企業などでの研修を通して、学内での学びをより深く理解する相互作用で実務能力の向上を目指します。空間演出の視点からデザイン性が重視されるショップディスプレイを身近な店舗を通して学び、有効なテクニックを修得します。日本人の装いが時代や社会背景により、どのように変化してきたかを原因とともに追求し、日本の服飾を概観できる力を修得します。ファッションメーカー(製造業界)のためのマーチャンダイジングを中心に、繊維業界と小売業界から消費者市場までの一貫した商品企画を考察。専門知識と企画構成の理論から演習を取り入れながら企画書を作成し、講義を中心に学んでいきます。専門科目主な科目と授業概要専門必修科目ファッション画 Ⅲ・ⅣファッションCG服飾デザインの原理と被服と人体の関係を理解し、コンセプトに応じたデザイン画を自由に表現できる力をつけます。アパレル業界で使うハンガーイラスト画も学修。服飾デザインをCGで表現します。Illustrator、Photoshop、PowerPointといったアプリケーションを使った表現方法を修得していきます。アパレルCAD Ⅰ・Ⅱ映像制作ドレーピング&パターンメーキング Ⅱ・Ⅲブライダルファッションプランニングゼミ衣服素材演習完成パターンにより立体(3D)から平面(2D)の相互関係を学び、平面パターンの設計についてCADで理解を深め、アパレル企業で活用できる知識を修得します。 「オリジナルショートムービー」をテーマに、短時間の映像作品をグループワークにより共同作業の中で制作していきます。1年次に培った基礎知識をもとに、スカートやブラウスなどの作製の基本を修得。基本原型の必要性と重要性を把握して合理的なパターンのつくり方を学びます。ブライダル業界に関する理解を深め、資格取得も目標に、将来のキャリア選択の視野を広げます。衣服素材の性質などを化学的実験により体験的に理解し、後半は染色にも取り組みます。専門選択科目 【実習・演習】専門選択科目 【講義・その他】72SUGINO FASHION JUNIOR COLLEGE

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る